(報告)2018こんな年でした(英語学習、猫、選挙)~前半貴族、後半奴隷~

2018振り返りTOP画像ブログ

ご無沙汰しております。木村悦子です。

ついに大晦日になってしまいました。あなたにとって今年一年、どんな年でしたでしょうか。年初の目標は実現しましたでしょうか?実現しなかったらそれは何故だと思いますか?と自分に問いかける私です。

忙しくなると更新ストップ。しばらくぶりに更新したら政治家への質問…我ながら相変らずムチャクチャ<(_ _)>結局今年は、あまりブログに時間が割けませんでした。残念です。2019年3月までは定期的には難しい見通しです。こんなときもあるさ…

毎年、年賀状を、もらった人が少しでも楽しいかなと前年の写真をまとめて一年の報告代わりにしているんですが、今回はブログでそれをやろうかと。あまり更新できていなかったこともあり。

写真をセレクトして気づくのは、年末になると、自分は1年の前半にあった事などまったく覚えてないという事実。あと前半は貴族のように過ごし、後半は奴隷のように過ごしてました。

そんなことで、近況報告も兼ね、2018年をふりかえります。

1~3月(のんびり)猫の世話、英語、寺巡り、種まき

この時期は前年(2017)10-11月の映画上映活動も終え、大学院(卒業のための論文作成含め)+学費返済も終わりが見え、比較的のんびり過ごしていました。

(動物愛護の)上映会+大学院卒業+学費返済

これらに縛られたこの6年だったので(→o←)、本当にホッとしていました。(まだちょっと縛られ気味ではありますが・・(゚ーÅ))

最近、自分は何してたんだろ_| ̄|○と後悔して当時のカレンダーを見ましたが、溜めていた寺巡りの片づけ、英語の勉強、猫に関する頼まれごと、温めていた新プロジェクト着手など、意外にやるべき事はやっていました。

IMG_20180324_110527_R

上野公園。人人人。3月は恩人の送別会でいろいろ出かけました。

IMG_20180324_131857_R

きれいなミモザ

IMG_20180324_112611_R

カピバラ♡6枚撮った写真が全部同じポーズ (動かないw ずっともぐもぐしてる)

IMG_20180326_112556_R

松戸市常盤平のさくらまつり。

IMG_20180326_154334_R

浅草の水上バス。(数日に渡り出かけてた。この写真ののんびり感がこの時期を物語ってます)

IMG_20180326_153615_R

IMG_20180326_153621_R

とはいえ、かなりマイペースだったのは事実。ある程度忙しい方が仕事が片付くのは本当です。何でもやってみてコツをつかむものですが、生活のリズム作りはその最たるものかも…

数年来、やりたいと思っている事が有るんですが、仕掛り中で過ぎています。何かを実現させようと思い、それが数か月単位の時間を見込まないといけない時、ダッシュ力だけでは足りません。計画と柔軟性、そして愚直にやりきる力が必要になります。

冷静さとか知恵が必要と猛省し、今それを学び直しています。→消化できたら記事にします

真剣に読んでます

4~5月 仏教(恩人、友人)交流、参禅、長年の疑問解ける

タイチェンマイの落合先生一時帰国、朝食会

IMG_20180510_080050

DSC_0072

5月のGW(ゴールデンウイーク)、タモ寺(タイ・チェンマイ)の落合先生が一時帰国。日本と違い、タイの僧侶(比丘という)は誰かから布施された物しか召し上がれません。何を布施するかは自由なので、都内某ホテル朝食に。

日本人に誤解の多い部分かと思いますが、えり好みできない立場でもあり、比丘は肉食を禁じられてはいません。(酒は厳に禁じられています)といっても今回、先生にお肉は無かったと思いますが…しかも午前中にしか召し上がれないため、必然的に朝食に。

落合先生は日本人ですが、タイで出家し長らくタイでお坊さんをなさっています。タモ寺は修行寺院なので、日タイの坊さん修行者の受入れをされています。なお今回の朝食を共にしたS原さんは、この後タモ寺に2週間くらい滞在されました。帰国後の話も楽しかったです。あまりに日本と違うタイ社会が…

落合先生とのひと時が面白かったので、次の帰国時は、初期仏教に興味ある方が、落合先生と朝食をとる会を企画しようか考え中。ご興味のある方はお知らせ下さい。時期はまたGWだと思います。朝早いので大変ですけどね(笑)

日本人が上座仏教をモノにするには?

water-427536_640

この頃、タモ寺で知り合ったMさんも帰国、紹介された禅寺へ2ヶ月ほど参禅しました。

林泉寺|東京茗荷谷| 坐禅会

同時に曹洞宗の禅と上座仏教(初期仏教)の瞑想を共に長く修行されたお坊さん(山下良道さん)の本に出会い、個人的に10年に一度レベルの大発見がありました。

ひと言で言うと、(大乗仏教を血肉化した)日本人が上座仏教をいかにして自分のモノにするか、というわりとマニアックな内容です。でも日本の仏教ファンならどこかでぶつかる事だろうと思います。

本の内容がすごい腑に落ちて感激しました。そもそも仏教ある程度好きじゃないと解りづらい話題とは思いますが、どこかで記事に出来ればと思います。

私の宝物!

6~7月 英語に本気になる TOEIC集中特訓1ヶ月→貴重な学び

長年海外在住の日本人と接して気づいた事

city-street-1246870_960_720

落合先生と知人Mさん帰国も想定外、思わぬ仏教本との出会いも想定外でしたが、Mさんと話していて猛烈に英語をちゃんと理解し使えるようになりたいと火が付きました。(これも想定外)

Mさんはちょっと特殊な方で、多分ご先祖レベルでそういう縁なのか、日本人ながら英語、フランス語、タイ語が話せるマルチリンガル。(3か国語だと思っていたけど、4か国語だった)

若い頃から海外へ出る事に決めていて、今はタイ在住、今後も日本で生活する気は無さそう。

Mさんと話していて感じるのは、

異文化を直に理解できる=超視野が広い

です。別にすごい努力の上とかではなく、必然的にそうなる。

それは当然で、日本人が知らない情報や価値観に直接触れられるから。福島原発が爆発した時、日本で報道されないメルトダウン情報が海外では惜しみなく流れていた事はよく知られていますが…

1Fukushima_Energy_from_Thorium

Six years later we finally found the melted uranium at Fukushima — Science & Technology — Sott.net

40代女がTOEIC1ヶ月集中して勉強した結果?

IMG_20180830_172513_R

こーゆー本のコーナーばっか行ってました

その後は居ても立っても居られず、次のテストまで約1ヶ月、真剣に行っていなかったTOEICに特化した勉強を行いました。(幸いその時間がありました)

結果は、英語って短期間に身につくもんじゃないんだ!と深く打ちのめされましたが(゚ーÅ)_| ̄|○むしろそれがよく、やっと本腰を据えてやろうと思わされました。

IMG_20180612_084757_R

近所のマクドナルド(一番はかどる) 図書館より、ガヤガヤしてるのがいい 毎日通ってると社会のドラマがすごい(派遣の面接、証券会社社員と損した客(定年後夫婦)のやり取り、母子家庭?らしき母と息子が毎日数学の勉強(たぶん年齢より高度な内容に取り組んでいる)などなど

英語の正攻法の勉強法も知らなかったため、やっと本気で勉強法を探し、今は「英語上達完全MAP」に従いホソボソと進めています。ことの性格上時間がかかりますが、詳細と人体実験の結果は追ってお伝えします。

勉強指南ではなく、やる気を高める本として価値有り

8月~11月(猫づくし)小金八坂神社、市民活動サポート、行政に絶望、松戸市議選

小金八坂神社 長年の問題案件

IMG_20181006_143127_R

野良なのに美しいシャム猫、たぬお

IMG_20181004_152353_R

血を分けた妹(姉?)たぬ子のお尻ばかり嗅いでるおバカ 近親相〇で子どもができてしまったが、その子は亡くなったそう 野良猫のいる所、常に悲惨なドラマが進行

この辺から貴族が一転、奴隷になっていきますが(自分ではなく他者のために時間を使わざるを得ないという意味で) 関わっていた「小金八坂神社」の地域猫活動が周囲の理解を得られていない件、色々働きかけを行いました。

IMG_20181008_153726_R

賢いボスのクロ

進行中でもあり、あまり詳細に言えませんが、心身消耗するのは事実。地域猫活動の一番嫌われる部分はここでしょうね。住民理解を得るための努力、それは一から十まで人相手だし、心も身体も必死で使うしかありません。時間もかかります。なのに上手くいかなかったり。(;^ω^)

やってらんねえと思う人の気持ちも痛いほど解るし、私自身明日にでもやめたいのが地域猫普及活動ですが(これ本心!)だからといって、放りだす事も出来ません。

IMG_20181004_155751_R

甘えん坊ですぐ膝に乗るトラミ

お蔭様で、現場ではずいぶんご理解も得られましたが、残念ながらあと一歩という所で日の目を見ていません。負けに不思議の負けなし、謙虚に己の不徳と努力不足を省みる事は大切ですが、腐らず時を待つ姿勢も大切。また進展したら報告したいです。

ちなみに現場で猫嫌いの住人とこじれてしまっているご相談を受ける事が有りますが、とにかく諦めない事くらいしかできる事が無いのが現実です。つまるところ人間関係ですから、根気は要りますね。いや、根気だけかも…

IMG_20181011_165806_1_R

子どもらしく夕方になるとお腹が減って鳴いてばかりいるチビシロ

IMG_20181010_150406_R

「枯葉の寝床」で眠るたぬお オスらしく警戒心薄い

市民活動サポート

IMG_20181104_143020_R

このDVD使いたいなあ!と思っています。飯田監督の新作。試写を拝見、とてもよく出来てました

同時期「地域猫スタートサポート」さんの助成金申請をお手伝いさせて戴きました。地域猫活動を始めたいと思っても「捕獲器がない」「野良猫が捕まらない」「どこの病院がいいかわからない」のハードルで挫折する人が結構いる事から、それらのサポートを行ってもらうイベントの開催です。

幸い申請は通り、平成31年度(2019年)4月~毎月、松戸市内で相談会を行ってもらう事となりました。松戸の地域猫活動普及に資する所大と信じております。

市民活動助成制度(平成30年度募集・平成31年度実施分)|松戸市

▼企画書と予算
jyoseistart08_matsudochiikineko_H31.pdf

実用ビデオとエンターテイメントの中間くらいの内容

行政(松戸市環境保全課)に絶望

nature-3054797_640

地域猫活動の普及に関わっているため、環境保全課と話す機会が結構あります。詳細はどこかで(書ければ)書きますが、別に誇張ではなく、2018年現在の松戸市行政は、地域猫普及に本当に何の意欲も無いことがよく解りました。(今に始まったことじゃないけどね)

のみならず、市民の税金を大切に無駄なく活用しようという意志も、己の職務に対する真摯な内省も無い事が解りました。って百も承知ですが、やはり知的に知っているのと、会話していて実際に目の前で居直られるのとでは…(ほんと解りやすすぎて、マンガの悪役かと思った)

この世に「話しても解り合えない人や状況」はいくらでもありますが、とはいえ彼らは、自分達の給与原資は何だと思ってるんでしょうか?

私は、能力的にできないのは仕方なくても、できるのにやらないのは許せないと思う方です。この状態を放っておくわけにはいかないと感じました。

松戸市議選で候補者全員に質問

IMG_20181111_154446_R

松戸駅にて立憲民主党応援に来ていた生方幸夫先生(国会議員)と(動物愛護に長年尽力されています)

これまた「2018年の想定外」の一つですが、たまたま私の住む松戸市は4年に1度の市議選で、候補者に質問状を出さないかと言う話がありました。

有権者としていけない事ですが、政治に関心は薄い方でした。ただ野良猫削減についてならすぐ浮かぶので、猫の事だけで良ければと返したところ、それで構わないと言われ質問を作る事に。

といってそれで終わるわけもなく、結果は市民の誰もがアクセスできる場所に速やかに掲示する必要もあるし、自分自身がどんな人か伝える必要もあるしで、当然ですが、いろいろ大ごとになりました。(前回記事は自分のブログですが、さしあたりその回答場所として作ったページです)

▼前回記事
松戸市議会選挙候補に質問と回答「犬猫殺処分の削減」等について2018

やっと質問ができて送っても候補者の反応が薄く、今度はそのテコ入れに市民アンケートと、やらなきゃいけない事が次々出てきて毎日が戦争に…ヘトヘトになりましたが、そのお蔭で色々な松戸市内の政治事情が勉強できました。

地域猫普及に関する松戸市行政の姿勢が頭に来ていたこともあり、といって行政が市民の言う事を聞くわけがないので(元行政職員談)、事態を変えたければ市議に動いて戴くのは現実的でもあり。

IMG_20181107_112744_R

記念すべき市民アンケート1人目Kさん。前例も無い事に協力して下さいました。本当にありがとうございました。

質問した結果、もちろん選挙前で人気取りしたいピークの時期だった事は承知の上で、それでも真摯な関心を寄せてくれる市議も思っていたより居た事がうれしい発見でした。(ふしぎなもので、質問を作った本人からするとその回答がどの位本気か、手に取るように解るものです)

野良猫削減は人間目線で言えば糞尿や鳴き声、ゴミ漁りなど、野良猫の迷惑を無くすことですが、同時に猫殺処分削減に直結する話でもあり、超党派で進めていただく案件と私は考えています。何党だからより、人としてやることの範疇であろうと。(実際に国会議員は超党派の動物愛護グループが複数あります)

折角のご縁、今後も松戸市の選良の先生方と積極的に交流し、強力なお力添えを頂いて、共に松戸市の野良猫削減を前に進めていければと願っています。

IMG_20181111_140226_R

DIO(Do It Ourselves=選挙行こう運動)にも参加

12月ヨタロー現る(とどめの想定外)引取り手の無いオスの野良猫が…

IMG_20181228_105430_R

やっと選挙終わったなぁと思ったあたりでしょうか。長年不要に思っていた鏡と衣装ダンスをついに人に差上げた日、なぜか家具と入れ替わるように野良猫が我が家に来ました。数か月前から家の近所にいると噂を聞いており、猫捕獲器を借りていたところ家族が当猫を捕獲!

とにかく増えないよう不妊手術。初日は怖がり空部屋から出てきませんでしたが、2日目から私の部屋で寝るようになり、以来、家から出ていきません…

IMG_20181228_105903_1_R

IMG_20181228_105851_R

身体こそ大きいですが夏までは子猫だったそうで、まだ生後1年にも満たない子どもです。

最初はタローと呼んでいましたが、木村家に代々居た茶白猫の名前を取り、三代目ヨタローになりました。人懐こく膝の上が大好きで、一度もトイレを失敗したこと無いお利口猫です。

20年生きる動物なので、既に40代の私はかなり重苦しい気持ちですが…(;´Д`)我が家に新猫が増えてしまいました。

IMG_20181228_105708_R

ヨタローの警戒心はだいぶ薄くなりました

2018年をふりかえると、想定外の事しか無かったのがよく解りました。世の中、夢に日付を入れそれを着々と実現する人がいます。私も何度も挑戦しましたが、相変らず想定外の大波にもみくちゃにされてばかり。。

懲りずに色々計画を立ててはいますが、いっぽうで、波に乗るとすごい遠くまで行く事ができます。予想外の展開が、自分のチッポケな想像力を超えていることが多いのも事実。なんとなく、この先もそうなんだろうなぁと…

新しい年も状況に心を開き、力を抜いて、必死に生きていければと思います。

2019年もよろしくお願いいたします。

コメント

  1. 菅原久人 より:

    すみません内観についての相談です。
    先程前のブログにも同じものを投稿したのですが、こちらを見つけたので念のために。
    はじめまして。
    山形県に住んでいます菅原久人と申します。
    生きることについての苦しみから途方に暮れていた中で悦子さんのHPを読み、内観を強く意識するようになりました。
    私は中学生の頃から生きることに苦しさを感じるようになり、様々ありながらも何とかしのいで生きてきました。
    その中で一年と少し前に、あるきっかけから、自分はもうおしまいだ、死ぬより他ない、というような考えに取り憑かれるようになってしまい、生きることに非常に苦痛を感じるような状態にまで陥ってしまいました。
    そのような中で悦子さんのHPを読み、内観について調べ、本も何冊か読み、もしかしたらこの内観を実践することが出来れば、こんな自分の心、性格でももしかしたら治すことができるんじゃないか、と思いました。
    症状、状態が酷く、とても集中内観に行けるような状態ではなかったため、まずは自分一人でやってみよう、と思いました。
    そして実際に取り掛かってみて今二週間ほどになるのですが、まずは母親から、そして父親、祖父母、兄弟、過去の友人、職場の人、その他の人、と一通り進めてみて、
    その関わりを思い出す中で、出来事の数は割と多く出てくるのですが、何というか表面的というか、上っ面というか、大きな感動もなく、効果の方もよくわからない、といった感じでした。
    私が急激な変化を期待し過ぎたのかもしれませんか、本などを読むと、始めから一人で内観を行うのは無理だ、というような事を書いてあるものも多く、やはり自分のような状態の悪い者が一人で行うのは無理があるのかな、と落ち込んでしまいます。
    そこで相談なのですが、私のような状態の者が一人で内観をやってみようという場合、やり方、また進め方などでのアドバイスのようなものはあるでしょうか。
    藁にもすがるような思いから、このような相談をしてしまい申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。
    ここまで読んで下さりどうもありがとうございました。

    • Etsuko kimura より:

      菅原さん、お問合せをありがとうございます。ちょっと菅原さんの状況が具体的に解らない中でのお返事で的外れでしたらお赦し下さい。
      まずは良く内観に辿り着いて戴きました。

      大変な状況とはお察しします。時々そういうお問合せ頂きますが、あいにく私自身が到底自分一人で出来ないと確信しておりまして…理由は、一人ではど真剣になれないからなんですが。

      私はうつ病とかなった事無いのでトンチンカンならスミマセンが、そこまで酷いならまずは病院ヘかかってから、内観へ行っては如何ですか。

      内観は、誰でもいつでもできます、安心して下さい。でも、効果のある内観は、それなりに性根を据えてやらないとできないです。そして100人いたら多分99人は、いや正直100人が一人で効果的な内観など出来ないと思います。

      一人でも1週間ぶっ通しど真剣に出来るなら、何の問題も無いんですが、そんな人は本当に稀だと思います。

      …まずは病院ヘかかられては如何ですか。

      退院後、お近くの研修所での内観をおすすめいたします。ご希望に添えていなければスミマセン。

      菅原さんが内観を諦めないで下さる事を念じております。

      • 菅原久人 より:

        ご意見どうもありがとうございます。
        そうなんですね•••
        少し考えてみます。
        本当は自分も集中内観に行きたいと思っているのですが、不眠などの症状が強く、まだ申し込む勇気が持てずにいます。
        それで、何とか集中内観に行ける状態にまで持っていきたいと思い、まずはそれまでの間でも自分でやってみようと思ったのでした。
        それでも思い切って相談してみてよかったです。
        ありがとうございました。

        • kimura etsuko より:

          菅原さん、ありがとうございます。昔の集中内観では、断食や断眠で取り組んでいた事例があります。内観が仏教浄土真宗の修行にルーツを持つためですが、現在は内観内容の質に関係無いからと苦行的な要素は排除されています。言いたかったのは、不眠なら不眠のまま集中内観ヘ行ってしまったら良いのでは?むしろ時間が人より一杯支えていいじゃないですか笑 内観の妨げにはならないと思いますよ。ありのままのご自分に自信持って下さい。取り急ぎ

タイトルとURLをコピーしました