☆★3寺院でくつろぎ編(ワット・フアランポーン)★☆お金も時間も無くても楽しめる♪タイバンコク街歩き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

IMG_4930_R

MRTサムヤーン駅そばワット・フアランポーン、美しい本堂。心地よく汗が引いていった。

 

こんにちは。木村悦子です。(^^)
お金も時間も無くても楽しめる!バンコク街歩き、今回は寺院でくつろぎ編です。

 ご飯を食べてショッピングの後、ちょっと休憩したくなりますよね。そんな時カフェもいいけどここはタイ。「もういいよ」くらいお寺があります。またご存知の通りその雰囲気や在り方は日本のそれと結構違います。一番の違いは在家信者の存在でしょうか。

 先日UPの「江戸三十三観音巡り」のように、日本で在家信者はお参りや法事にユーザーとしてのみ参加する感じ。しかしタイでは寺で信者が立ち働いています。タムブン(Thambun)すなわち「徳を積む」ために。そもそも毎朝僧侶の托鉢に食事を入れる機会があります。

Juvenile priest

少年僧侶の托鉢。比丘(出家者)はホントにここに頂いたものしか食べられない。

寺院はオープンで、外国人旅行者も気軽に立ち寄れます。薄暗い本堂で静座していると暑い国の倦怠と同時に心地よい風も感じられ、その両方にうっとりしました。

バンコクでご利益一番といわれている寺だそうですが(後で知った)私は単純に心とカラダが休まる場所としておすすめします。

ワット・フアランポン Wat Hua Lamphong

中国寺院(位浅堂) Chinese Temple

IMG_4833_R

 

ソンブーンでランチ後、立ち寄った近所のお寺。こちらもランチ後か女性が寝ていた。

 

IMG_4834_R

 

タイのお寺ですが敷地内は中国風の建物が。ちょっと中の人と話をしました。

 

IMG_4835_R

 慈悲の「慈」が提灯に染め抜かれていた

 

後で知人に聞いたらここは泰国義徳善堂という慈善団体の建物だったようです。

レスキュー隊を持つことで知られ、事故の際に真っ先に駆け付けるとのこと。えーっ!?日本では消防署が担う役だと思うのですぐイメージできず。しかしタイでは民間の救急救援活動としてよく知られているそうです。

「命を助ける」ド直球の仏教実践。すごい!!

泰国義徳善堂 – Wikipedia

▼支援した人のブログ。

【曼谷】捐棺做善事~泰國義德善堂 @ 放假趣 {Fun Job Trip} :: 痞客邦 ::

▼中国慈善活動の世界が垣間見られる。(華僑報徳善堂)

มูลนิธิป่อเต็กตึ๊ง / 華 僑 報 德 善 堂 / POH TECK TUNG FOUNDATION

こういう場所に寄付をするというタンブン(積善)もある。レスキューカテゴリなので事故を避けたい時などにいいですね。(対価を求めてはまったく本来の布施ではないですが、自分のしたことは同ジャンルで還ってくるので、私はよく保険と同じ使い方をしています)

単なる寺社維持の賽銭じゃない所が仏道実践しており、とても気に入りました。改めて立ち寄ってみたいです。

鰐に乗る仏 Buddha on the Crocodile

IMG_4837_R

 

日本でも仏は色々な動物にお乗りになるが(普賢菩薩の象、孔雀明王の孔雀など)「ワニ」初めて( ゚Д゚)

金箔の仏 Golden leaf Buddha

IMG_4838_R

 

日本の阿修羅像のように多面多臂(ためんたひ)の仏像。中国寺コーナーなのでちょっとタイの佛様と感じが違う。

 

IMG_4864_R

 

同じく金箔の仏像。ご利益を求めて金箔を貼るようです。

日本にも治したい場所を撫でるとかで、全身ツヤツヤになっている仏様がいますね。

 

IMG_4865_R

 

象さんも貼られてる

瓦の寄進(徳を積む) To practice Charity

IMG_4839_R

 

寄進用屋根瓦。一つずつ買ってタンブン(積善)する。みんなで寺を建立するのは日本も同じですが、タイでは更に多様な方法で徳を積みやすくしています。

 

IMG_4840_R

 

瓦を並べ中

 

正面玄関 Front Entrance

IMG_4805_R

 

正面入口から入り直してみました

 

プミポン国王追悼壇 Memorial of Rhama IV

IMG_4807_R

IMG_4808_R

 

プミポン国王追悼壇

 

IMG_4812_R

 

国王追悼壇のそばにはなぜか必ずこういう立派な鳥がいました。とりあえずRoyal Birdと呼ぶ

 

正面の仏像 Buddha in front of the Temple

IMG_4809_R

IMG_4836_R

 

首から下の簡素なデザインがきれい。

 

花売り場 Flower Shop

IMG_4810_R

 

日本の寺もそうだが、花や線香売り場の看板に自国語以外が使われていたためしがない。

 

IMG_4814_R

 

とりあえず20バーツかなと看板から推測

 

IMG_4815_R

 

南国らしく、生花はとてもきれい

 

ガネーシャ Ganesh

IMG_4816_R

 

金のガネーシャを拝んでいる男性。ヒンドゥー教がそのまま入っている

 

寺の猫 Cat in the Temple

IMG_4820_R

 

猫キタ――(゚∀゚)――

 

IMG_4823_R

 

タイでも寺に猫を捨てていく人がたくさんいるそうです。この子は落ち着いていたので、タイあるあるの「何となく寺で餌もらってる猫」かもしれなかった。

こっち向かないかなとカメラを向けていたが、一心不乱に身体をなめていてなかなか向いてくれない。

 

IMG_4827_R

 

それを見ている七曜日の仏(タイでは生まれ曜日毎に守護仏がいるという考え方があります)

 

IMG_4830_R

 

その猫の写真は諦めるがよい。。

 

IMG_4831_R

 

ペロペロ

 

誕生仏のろうそく Candles the Birthday Buddha

IMG_4843_R

 

そのすぐ近くに七曜佛に捧げるロウソクが売っていました。日本の寺にありえない色たち

 

IMG_4855_R

 

Sunday Red

Monday Yellow

 

IMG_4853_R

 

Tuesday Pink

Wednesday Green

 

IMG_4852_R

 

Wednesday Night Black(なぜか水曜は昼と夜がある)

Thursday Orange

 

IMG_4848_R

 

Friday Blue

Saturday Purple(見た目はDeep Blue)

 

IMG_4851_R

IMG_4850_R

 

「white」だけが何を指すのかよく分りませんでした。(「毎日」は金色だそうですが、その代わりかも)

 

黄色い蝋燭 Yellow Candles

IMG_4856_R

 

タイ仏壇につきもの濃い黄色ロウソク。この品質も低そうなロウソクがとても高貴にみえる

 

IMG_4857_R

 

 

お坊さん人形 Dolls resembles Monk

IMG_4869_R

 

赤ちゃん連れのお母さんが熱心に「お坊さん人形」を拝んでいた

 

IMG_4873_R

 

( ゚Д゚)

 

IMG_4874_R

 

タイ語が読めたらなぜ彼らが托鉢をしているのか、いろいろ理解できたでしょうが、残念

 

IMG_4875_R

IMG_4877_R

 

チョト怖い(*ノωノ)

 

本堂 Main Hall

IMG_4878_R

 

階段を上り本堂へ行ってみました。

 

IMG_4879_R

 

精緻な細工の玄関

 

IMG_4880_R

 

本堂正面からの眺め。ワット・ファランポーンは込み入った都会に建っていました。

IMG_4882_R

IMG_4883_R

IMG_4884_R

 

何の仏様だろう タイの仏教はまだ今の私には謎風味

 

IMG_4886_R

IMG_4885_R

 

きれいな花。生花で毎日作るところが、日本の私にはとても贅沢に思えます。

 

IMG_4887_R

 

本堂内。奥行きと屋根が高く気持ち良い。人はまばら。

 

IMG_4889_R

IMG_4890_R

 

薄暗い天井にシャンデリアがきれい

 

IMG_4892_R

 

僧侶の祈り Buddhist Monks Pray

IMG_4894_R

 

ふらりとお坊さんが現れました。

 

IMG_4895_R

 

額を床につけ深い礼拝を捧げていた。タイでは、人が真剣に祈っている姿をよく見ます。

簡素な頭陀袋に一枚布の姿が、日本のキンピカの袈裟よりどうしても高貴に見えてしまう。「持たない」というメッセージを体現しているからだ…。持てないというか。(鉢と衣と…、持っていいものと数が細かく決められている。眉毛も剃る。お昼過ぎ残った食物も持てない)

持てないのは、余分な執着です。そういう意味では上座部仏教のお坊さんは究極のミニマリストですな。本能と真逆なのに、しぶとく2600年も続いている生き方。

 

IMG_4904_R

 

絢爛なタイのお曼荼羅。

 

IMG_4907_R

 

こうして見るとよく分りますが、一番左に一段高くなっている場所があります。

 

IMG_4909_R

 

タイでは出家者(坊さん)は在家と違ってこういう「一段高いとこ」で礼拝する。チェンマイ・タモ寺のお坊様達も皆さんこの「一段高いとこ」で召し上がっていた。それくらい在家と出家の扱いの違いは徹底している。

その代わり、ライフスタイルも厳格に違います。性行為と飲酒は一切あり得ず、あるなら還俗(在家に戻る)です。ただしタイでは還俗を恥とは全く考えていません。「人生の中でもっとも徳を積む生き方を終えた」だけだそうです。「おつかれ。これからは在家で頑張ろうな」ってとこでしょうか。

日本で出家という生き方は「一度したら一生涯」というイメージですが、私はこのタイの合理性はとても良いと感じます。無理やり続ければ、自他に嘘つかざるをえなくなっていく。

むしろ出口がちゃんと設定されている分、運用は現実的で(色々現代は事情も変わりつつあるようですが)つまりそれほど出家はタイではありふれたライフイベントなんだなと。

曼荼羅 Mandala

IMG_4914_R

 

水瓶から水を与える、さしずめ日本なら観音菩薩だろう。神話の一場面何かのんきな感じ。象は見るからにいい子。

 

IMG_4915_R

 

争いの場面にワニやトラ、水牛が出てくる。

 

IMG_4918_R

 

タイのお曼荼羅によく見られる、濡れ髪を絞る女神はプラ・メー・トラニーといい、もとはヒンドゥー教の地母神だそうです。

瞑想修行中の悪魔に襲われたブッダを長い髪の毛を絞って起こした洪水で救ったという。(何それ…)タイの人にとってはとてもありがたい存在だそうです。

 

IMG_4920_R

 

国ごとにヒンドゥー教の混じり方が違うだけで、混じってるのは一緒

 

IMG_4921_R

 

そんな話聞いた事ないなーと思うも、日本だってものすごく日本風味の拝み方や仏典解釈をしていると思う。海外で仏教を見るとその違い&共通するエッセンスを感じおもしろい。

 

IMG_4923_R

IMG_4925_R

IMG_4926_R

 

装飾、賽銭箱 Ornament,Donation Box

IMG_4906_R

IMG_4943_R

 

ぜんぶタイ語のお賽銭箱。日本と違い実用的な外見。

 

IMG_4958_R

 

入口ドアのきれいな細工

 

IMG_4959_R

 

貝細工だろうか。(ワットポー涅槃佛の足の裏のキラキラと同じ)

 

IMG_4945_R

IMG_4960_R

 

いつの間にか人が増え、汗も引いていました。ゴージャスでのんびりした空間です。本堂はすごく心身が休まるので、観光を兼ねた休憩におすすめします。

追記 牛が居ます The temple keeps Cows

タイ在住知人に聞いたら、このお寺には「」がいたそうです。( ゚Д゚) 屠殺前に引き取り、困窮農家へ譲るための一時預かり所として…

レスキュー隊といい、寺の活動が私の想像を軽く超えていましたが(笑) どちらも命を助ける行いで、タイでは寺が法施以外にダイレクトな「仏道実践」してるのが本当にすごい!

牛に会えなかったのは返す返すも残念でしたが、必ずまた行こうと思います。これから行かれる方はぜひ、忘れずとも触れ合ってきてください。


開始後0:32あたりで寺にいる牛の説明になる 牛カワユイ

今回行った場所

☆★3寺院でくつろぎ編(ワット・フアランポーン)★☆お金も時間も無くても楽しめる♪タイバンコク街歩き
この記事をお届けした木村悦子の新ブログ2017-の更新情報をいいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする