☆★1ソンブーンでランチ編★☆お金も時間も無くても楽しめる♪タイバンコク街歩き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
somboon seafood lunch

IMG_4799_R

おいしかった「SOMBOON」ヤムウンセンとカニの揚団子。清潔(感)も重要ポイント。

 

こんにちは。木村悦子です。(^^)

PCの整理で過去のタイ旅行のバンコク写真が結構出てきました。私はぜんぜん娑婆っ気が抜けなくて(在家だからいいんですが)お寺だけでは飽き足らず、数日でもタイへ来訪したら必ず未訪の地やバンコクに足を延ばします。

といってもあまり時間もなく、ワットポーなど「メジャー観光地」も経験済み。スパ・エステはサービス業者の気持ちを想像し抵抗あり。なのでバンコクでの過ごし方は「とても地味」。

それでも異国のこと、ぶらぶら過ごすだけでもじゅうぶん楽しいものです。お金も時間もそれほどかからず1日あれば楽しめる「バンコク街歩き」を共有します!

 

バンコクのサービスアパート Service Apartment in Bangkok Thailand

IMG_4559_R

 

今回はバンコク都心部のサービスアパートに泊まりました。ホテルとは違う長期滞在旅行者向けの物件で、電子レンジ、コンロ、冷蔵庫など自炊設備が一通り整っています。テレビもありました。(まず観ませんが…)駅からちょっと遠いせいか、エリアの割にお手頃価格。

 

IMG_4561_R

 

場所は都心に位置しますが、元気に濃い緑がやっぱ南国…ちなみに洗濯機は2層式。(2016年末当時)

 

IMG_4573_R

 

私の部屋は6階位だったでしょうか。ベランダに洗濯機があり、洗濯時に隣の建物が目に入ります。

 

IMG_4568_R

 

「隣の建物」の「住人」…2羽のハト

 

IMG_4569_R

 

こいつらの方が私よりずっとバンコクを知る地元民だなあと思いつつ、洗濯をしてました。

 

IMG_4576_R

アパートのエレベーター内貼紙。駅~アパート間の4地点から送迎可能。

 

このアパートは駅から徒歩20分はかかる場所にあるため、専用トゥクトゥクの送迎サービスが使えました。

 

IMG_4577_R

エカマイ駅の待合せポイントが提示されているが

 

一度、深夜にエカマイ駅から公衆電話(!)を使い利用しましたが、以下の理由で落ち合うのが大変でした。

  1. 暗くて待合せポイントが解りづらい
  2. 自分の超低レベル英会話能力

 当アパートに泊まる人はSIMフリー携帯(あれば)、それ以上に最低限の英会話能力(必須)が望まれます。(さすがに勉強し直してます。。)

 

アパート周辺環境(駅へ向かう道)Location of Apartment

IMG_4592_R

 

「タイあるある」首輪もない路上ワンコ。日本には存在しない(狂犬病予防法で存在できない)野良犬がワンサといます。

 

IMG_4593_R

 

悲しげな風情はみんな一緒。タイには「ペットの犬」も確かにいますが(やはりポメとか小型犬が多い)野良ちゃんはなぜか「中型の見るからに雑種」の子が多いです。

 

色々調べてタイの犬猫保護活動もあるのが解りましたが、まだ牽引役は欧米人が多い印象。「不妊手術で頭数管理」という思想がそもそも欧米発かもしれませんが…

 

動物の保護活動に関わっていると、健康な体に手術なんて「かわいそう」と言う人が必ずいますが(男性に多い)、産ませる性と産んで乳を与えなきゃいけない性の違いでしょうか。産児制限に真剣な人は国を問わず女が多いようです。

 

タイの野良犬に話を戻すと、放置してもより悲惨なことになるだけなので、私はこの流れがメジャーになることを願う一人です。

 

IMG_4595_R

 

アパート周辺は住宅街(たぶんタイでは高級な方)

 

IMG_4602_R

 

右上カラフル麺に「間違った日本」の香り。一応、日本食レストラン

 

IMG_4603_R

 

ご近所の奥様

 

IMG_4606_R

 

まだ2016年末は故プミポン国王の喪中、左肩に黒い喪章。

 

IMG_4607_R

 

日本食レストランのすぐ脇に精霊信仰の祠。どこまでもここはタイ

 

スーパー「BigC」 Supermarket BigC

 

今回泊まったアパートのそばに、タイ大手スーパー「BIGC」がありました。日本と同じくシャンプー、お惣菜など一人暮らし生活に必要な物はほぼ揃います。(写真が多いので別記事で)

 

銀行、屋台、野良犬 Bank,Food cart,Stray dog

IMG_4692_R

IMG_4694_R

 

カシコン銀行(旧タイ農民銀行)

 

IMG_4695_R

 

屋台。歩道の奥様は国王喪中のため上下黒ワンピース。当時ご年配の方はこういう服装。屋台のお姉さんはそれどころじゃなく、すでに日常着に戻っているのかもしれない。。

 

IMG_4697_R

 

屋台に興味はあるけどここでサラッと食べよう…ってまだ中々難しいんですよね~。

横を見ると車がブンブン、こういう環境でもあり。(下)

IMG_4698_R

 

屋台をじょうずに使える人になりたいけど、慣れや言葉の壁があってまだ難しい。(「下痢」の2文字も頭に浮かんだり。これだけ店があればここは清潔でおいしくてOK、という場所は絶対あると思うんですが)

黄色と緑の鮮やかな車はタイの典型的なタクシー。今は、Uberに押されているかもしれない。

IMG_4700_R

IMG_4701_R

 

かと思うと、こんなオシャレなカフェもいっぱい。(一応高級住宅街エリア)でも日本で同じ体験十分できると思うと…私がロングステイヤーでタイが日常になったらありですね。

 

IMG_4704_R

 

出たぁ~野良ワン

 

IMG_4707_R

IMG_4709_R

 

雑踏へ消えていく。餌もそうもらえないけれど、いじめる人もそんなにいないから、どこにでもこういうワンちゃんがトボトボと街を歩いてる。タイで野良ワン(ニャン)の生活に思いを馳せないことは不可能です。(そこら中にいるから)物乞いとともに、タイ経済がいくら発展しようが付きまとう影の一つ。

いろいろ思う所あるので、まとまったら改めて記事にします。

IMG_4710_R

 

それがどうした!な風情の屋台と店舗の中間位の店。駅前の風景。

 

電車(BTS)Bangkok Mass Transit System

IMG_4712_R

 

駅の路線図。BTS(バンコク大量輸送システム=電車)ができてとても便利。

 

IMG_4715_R

 

外国人旅行者には①定額で②行先と③時間が読める 電車が一番使いやすい

 

IMG_4719_R

 

料金を支払うとこんな磁気カードが発行されます。(到着駅で回収)プリントは何種類かあり、どれも可愛い。

 

IMG_4722_R

「BTSスカイトレインの安全な乗り方」ドアの閉まる音楽が鳴ったら下がって次の電車を待ちましょう。

学生はランドセルじゃなくリュック?

 

IMG_4723_R

お子さま、妊婦さん、お年寄り、体の不自由な人には席をゆずりましょう。

 

ゆずられる子供の合掌がタイ。

 

IMG_4726_R

タイの男性アイドルグループと清涼飲料の広告。

 

お茶と思って買うと激甘でショックを受けた鮮烈な思い出。「ノンシュガー飲料が無い」って個人的に20年前真剣に困った事ですけど、今はマイボトルで解決。日本以上にコンビニカフェも充実。(コーヒーだけじゃなく紅茶なんかも淹れられる。熱湯が出てきます)

 

IMG_4730_R

 

毒々しいコーラもどき広告と、一応喪中なバンコクの若者達(服装が白と黒基調)

 

IMG_4733_R

 

Asok(アソーク)駅で乗り換え

 

乗換駅のいろいろ Miscellaneous Items in Transit Station

ドラえもん Doraemon

IMG_4736_R

エイチ・アイ・エスがあった。後で調べると、バンコクのアソーク本店らしい。ビル右側の看板は国王喪中のサイン。

IMG_4740_R

 

ふるさとを思い出す猫型ロボ

ダンキンドーナツ Dunkin’ Donuts

IMG_4742_R

久々に見たダンキンドーナツ。日本じゃもう無くなっちゃった※ですよね?(調べたら、本国アメリカではダンキンがミスドーを吸収合併し、アメリカには会社としてのミスドーは既に存在しないらしい。ミスドーが堅調に残った日本とは対照的)

※米軍基地内にだけは残っているそうです。

IMG_4744_R

なつかしい…元気でやっているみたいだね(タイでは)

IMG_4745_R

期待を裏切らないドーナツ達。アメリカまじシュガーホリック

IMG_4746_R

色もキテルw 栄養的には食べるゴミという気もするけど…(;・∀・)甘党なので憎めません。

でもアメリカ人は食生活が不幸だとつい思う(こんなもんに慣れていると早死しそう。実際平均寿命も短い)医療制度もお粗末だし、不健康なジャイアン。

間違った日本 Incorrect Japanese image

IMG_4747_R

乗換駅の広告 日本食レストラン「やよい軒」のメニュー。従業員のウエアどことなく変、たぶん着物の「合わせ」や「帯」をイメージなんでしょうが。。

IMG_4751_R

IMG_4750_R

お味噌汁が一番向こうに置かれている 日本人の自分に新鮮なレイアウト

IMG_4754_R

スシ、サシミ、テンプラ

海外のスシはこういうのが多いけど、海苔は好きじゃないんでしょうね

IMG_4761_R

カテゴリは「和食」サシミより海外の人にずっと受け入れやすそう。

チャムチュリースクエア Chamchuri Square

IMG_4769_R

MRTサムヤーン駅直結の大型複合施設「チャムチュリースクエア」に入りました。きれいな商業ビルができたなと思っていましたが、オフィス、高級コンドミニアムの複合施設らしい。東京なら渋谷ヒカリエ、品川アトレのイメージ?もうちょっとのんびりしてますが。。

角川アニメ学校   Kadokawa Animation Design School

IMG_4773_R

びっくりしたのが、何気なく歩いていて見つけた角川アニメスクール。2016年2月にOPENしたそうです。(来訪は2016年末)

IMG_4779_R

IMG_4777_R

IMG_4778_R

タイでも日本のノウハウを伝授してアニメを作ってもらおう!という事か。

IMG_4781_R

カー(そうです)

ソンブーンでランチ Lunch at the Restaurant Somboon Seafood

IMG_4782_R

今日のランチはタイ観光ド定番のソンブーンです。

IMG_4784_R

「GフロアのゾーンA」なんですけど、初めて来る場所で、分からなさ過ぎて嫌に(>_<)

後で見たら、チャムチュリースクエアは全6階建て、フロア表記は地下から

B階(日本:地下1階)

G階(日本:1階)

2階

3階

4階

5階

BはBasement(地下)で地下1階と分かりますが、GはGrand floorで地上階(1階)とヨーロッパ表記だったんですねー。とほほ…勉強になりました( ..)φ

IMG_4785_R

必死に位置関係を確認。(結局この日は「掃除のおばさん」に教えてもらい辿り着きました)

商業施設のレストラン一つ一人で辿り着けない自分。この調子なのでただの街歩きも飽きることは無い。。

IMG_4788_R

IMG_4792_R

ついたぁ~

見るからに中華系

IMG_4795_R

IMG_4794_R

「カニのカレー炒め」が有名ですが、この日はヤムウンセン。(タイ風春雨サラダ)

自分としては、食べる場所に清潔感が無いと選びづらいメニューなので大満足。

IMG_4798_R

こちらはカニ団子。美味!の一言 お茶はジャスミン茶

うろ覚えですが、メニューに活シーフードを調理するものがあったような(オーダーが入ってから蒸すとか)。仏教徒としては怖ろしくて頼めない。(仏教徒じゃなくても無理。すでに死んでいるものを頂くのと、自分の意志が引き金で生物を殺すのとワケ違うし)どうせ殺生せずに一日も生きていけないんですが、自分発の殺生はなるべく少なくしたいもの。

一応仏教の考え方は、生物を殺すと業が悪くなると教わりました。いろいろ検証した結果その通りと信じています。(♯レストランレポートに食欲無くす内容申し訳ございません)

IMG_4796_R

客層は?きちんと喪服を着た中年女性達。キャリアウーマン?ご近所の奥様?

IMG_4797_R

IMG_4800_R

大人数で来ていたグループ。華僑系?タイにはいろんなアジアの人が居て、顔立ちじゃ全然わからないんですけどねー。

IMG_4801_R

チャムチュリースクエアの高級コンド Chamchuri Residence

IMG_4789_R

チャムチュリースクエアの高級賃貸。1年借りると1カ月無料!アピール

1カ月77,000THB(タイバーツ)=264,000JPY(日本円)くらい。日本でも月家賃26万円ってなかなかの物件ですが、こういう広告も結構、街の至る所にあるんですよね。タイで一番興味深い広告かもしれません。

ド底辺のドミトリーから、こういうお部屋まで全部可視化されている。日本にも不動産広告はあるけど、ここまでデカデカとしていない。こんな露骨でいいのかなぁといつも思うんだけど…在タイの長い知人に言わせると、そもそもタイ人は「みんな平等」と嘘の教育を受けていない、だから視界にも入っていないそうですが。

今は世界における日本の相対的価値が低下、逆にタイ経済は上がっており日本人の「お買い得感」は下がる見込み。今後の人生、いつか一度は借りてみたいような、超不経済のような。

IMG_4790_R

3つもベッドルームあってどうすんだ 思わず民泊で貸してしまいそう(庶民)

IMG_4791_R

借りられるようになったらまた来てよ!

などなど、ホントに街をただ歩くだけで飽きないバンコクです。

長くなってきたので

次につづく

今回行った場所

ソンブーン サムヤーン店

Somboon Seafood – View Branch

ソンブーン バンコク内8支店の地図はこちら

☆★1ソンブーンでランチ編★☆お金も時間も無くても楽しめる♪タイバンコク街歩き
この記事をお届けした木村悦子の新ブログ2017-の更新情報をいいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする