スワンナプーム→チェンマイ乗換えから市街まで安全な女子旅を共有するよ(ベトジェットエア)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

IMG_2879_R

海外製のバカでかい洗濯機が並ぶ一泊目ホテルのコインランドリー(および施設居住者。お休みあそばされていた)

こんにちは。木村悦子です。(^-^)

そろそろ冬に飽きてきました。。

「木村悦子のブログ」はアメブロからhttp://kimura-etsuko.comへ移行しました。(アメブロ過去記事はそのまま残し、更新はこちらで行っていきます)今後ともよろしくお願いします。

▼前回のつづきです。

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 1羽田-バンコク往復3万円空の旅 心踊る出発

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 2地獄の北京空港 Hell of a time at Beijing Airport

IMG_2717_R

やっとタイに着いたものの、まだバンコク到着に過ぎない。ここから更に国内線でチェンマイへ飛ばなくてはいけないのだ。

しかもそれは19:30頃の出発で、また乗り継ぎを6時間位待たなくてはならない。

自分で選んだ旅程とはいえ、いざ実行段階になるとなかなか苛酷でした。

IMG_2721_R

とりあえず、自分の到着便を確かめ、荷物を受け取る。

IMG_2722_R

IMG_2723_R

生物(なまもの)をここに捨てろ的看板。罰金か投獄とあるが…誰も見てなさそう…(・。・;

IMG_2725_R

IMG_2726_R

スワンナプーム空港の看板に思わず脱力。

IMG_2727_R

寒く厳しい北京を終え、急に緊張感のない文化圏に突入した気がしました(笑)

セキュリティチェックに愛想笑いが入るのも北京とは違いました。

普段日本に生活していて意識しませんが、愛想笑いがありがたいものと気づかされました。私達の国ではコンビニ店員ですら常備しているものですから…

IMG_2728_R

空港の書店。

IMG_2729_R

この書店だけ仏教フェアなんじゃなく、基本タイの書店はどこでもいつでも仏教フェア。

IMG_2730_R

小池龍之介さんの本。タイ訳。

IMG_2733_R

初期仏教の教えが日本に渡り、またタイに逆輸入。

IMG_2735_R

スワンナプーム国際空港。湿気でムッとする。セーターを脱ぐ。寒くないだけでホッとする。

IMG_2737_R

コンビニ。空港価格だろうが、さほど日本と値段は変わらない。(1THB=約3円)

タイまで来ておにぎり食べる気もしないけど・・

IMG_2740_R

牛乳=「Meiji」なのか。スタンダード、ノンファット、ローファット、ストロベリーと推測。

タイは豆乳や牛乳の種類が多く、とてもおいしかった記憶があるんですが、変わらない様子でした。

IMG_2743_R

レストランフロアをぶらぶら。

IMG_2741_R

IMG_2744_R

お昼にしたいけど、タイまで来てバーガーキングってのもね。

IMG_2752_R

だんだん、タイの日常。

IMG_2754_R

お坊さんの本は本当に多い。

日本と僧侶の在り方が明確に違うため、タイのお坊さんは尊敬されています。

ご存知の方も多いでしょうが、女性には手も触れられない、性交渉もってのほか。飲酒もあり得ない。お寺に子供が生まれる事は当然ありません。

Lifestyleが厳格に一般人と違う。

聖職者の存在意義は「凡俗と真逆の価値観提示」だとおもうので、よく知ればこちらの方が正しい在り方と感じます。

IMG_2758_R

スワンナプーム空港のフロアガイド。

IMG_2756_R

仏教僧侶専用のレセプション・ルーム。

IMG_2759_R

4Fが出発フロア。

IMG_2762_R

研修中。

IMG_2748_R

お昼はここにしました。

IMG_2747_R

IMG_2768_R

セロリとかすかにパクチー味のお粥。おいしい。

IMG_2770_R

エビフライ。多すぎて食べきれなかった。エビさん、ご免(T人T)

IMG_2772_R

とにかく次の便まで時間は余っているので、地下1Fへ両替しに行く。

IMG_2771_R

どこにでも、国王をしのぶ豪華な追悼壇がある。

IMG_2775_R

再び本屋。美しい本。

IMG_2774_R

タイでは「釈尊の一生」がエピソードごとに惜しまず語られることが多い。(キリスト教でマリアが男性と交わらず子供を宿し、馬小屋で産んだとかと同じ)

誕生時「天上天下唯我独尊」のシーン。宇宙で自分が一番尊いですでなく、貴方も私もこの世にただ一つのかけがえない存在ですと理解したい。

もっとも前者でもあっていますが。ただし全員が自分をそう思っている、ということ…。

(だから、人間には害虫であっても、むやみにその命をうばわない。と言う論理も仏教は徹底している)

IMG_2776_R

それでも時間が余り、同じような人が溜まるベンチへ。待ち時間を埋める資格のテキストも持参していたが、疲れとだるさでとても開く気にならない(笑)

自分にそこまで期待してはいけない。

IMG_2779_R

ダルい空気の中、突然スズメが入ってきた。

IMG_2781_R

成田(空港)も田舎ですが、さすがにいきなりスズメ迷い込んでは来ないだろうと思うと、タイゆるくて本当にいいなと思いました。

IMG_2782_R

少し外に出る。

IMG_2783_R

夏の空。うれしかった。本当にもうここはタイなんだ。

IMG_2787_R

今度はバンコク→チェンマイ間移動のため国内線。

IMG_2789_R

スワンナプーム空港の巨大像。装飾があれだ、ベンジャロン焼と同じ系統ですね。

5441133886_f1d6ab19a3

タイを代表するゴージャスなやきもの!ベンジャロン焼きを買おう♪ | バンコクナビ

IMG_2793_R

IMG_2790_R

IMG_2792_R

彼はトサギリヴァンというらしい。帰って調べたら隣にいるトサギリトーンと兄弟らしい。

IMG_2795_R

↑トサギリトーン(赤) 二人ともタイの神話中存在のようだった。

Tosagirivan in Ramakien, Ramayana : Giant in Thailand

IMG_2796_R

やっと出発近く。国内線搭乗ゲート付近。

IMG_2801_R

行きの最終目的地はチェンマイ。

IMG_2802_R

IMG_2803_R

蘭は生花。南国。

IMG_2810_R

IMG_2812_R

タイの優先席。

IMG_2813_R

老人、体の不自由な人、子連れに加え、僧侶。

IMG_2816_R

バンコク→チェンマイ間のフライト。今回の航空会社はVietjet-Air。制服がどこを目指しているのか解らないが、可愛い。(本当にそう思っていた)

とか思っていたらこんな騒動が起こっていたらしい。

kA46iLF

【賛否両論】セクシー過ぎた?!ベトナムで、水着のフライトアテンダントが登場 | TABI LABO

いや男はうれしいかもしれないけど…。

やっぱあまりにあからさまな(性の)商品化はもうちょっと…違うとこでやってほしい。

とか思っていたら、仕掛けたのは女社長と判明。もうそこまで来ると、女性が女性の性を売る、というのが、男性に売られるより一段世知辛いですな。

ビキニのCAのいるベトジェットエアー vietjet-air bikini

001_edited-1

IMG_2818_R

チェンマイ空港のゆるキャラ。緑の妖精的な何か

IMG_2823_R

IMG_2826_R

「ナイトサファリ」宣伝コーナー。

IMG_2828_R

タイの人もキリンの目がきれいと思っているようだ。

IMG_2829_R

見るからに毒ガエル

IMG_2832_R

頼むから野生動物そっとしといてくれ

IMG_2835_R

プミポン国王(基本)

IMG_2837_R

多分仏教的な何か

IMG_2840_R

チェンマイ空港はこじんまりと、アットホームな感じでした。

IMG_2841_R

出たぁ~トゥクトゥク。交渉とか無理なので、エアポートタクシー一択(150THB)。日本では交通価格を交渉する習慣が無い。第一おのぼりさんの外国人(女)が勝てるわけない。

割高と承知の上、安全と時間は買うしかないです。(といっても日本円で450円位なんだけどね…)

IMG_2842_R

IMG_2844_R

ご覧のように街が暗い。

そのはずで、チェンマイは田舎なのです。(市街地とはいえ)

ホテルは車で15分もかからず、すぐ着きました。

軽くシャワーを浴び少し散策に。

IMG_2849_R

欧米人旅行者が夜通しバーで活発に騒いでいるのが、私が初めてタイへ行った20年前と変わらない。永遠にこうだろう。

ここにフラリと混じれる位の語学力があれば、旅がもっと楽しそうだけど。。

IMG_2853_R

観光客相手だと思う。オーダースーツの仕立て屋。

IMG_2856_R

IMG_2857_R

日本人の感覚だと「廃墟」みたいなところがガンガン営業している。

IMG_2860_R

そこにセブンイレブンがあるとすごくホッとする。

IMG_2868_R

あちこち、オープンエアで賑わい中。

IMG_2869_R

こんな調子で、とにかく周囲は盛り場。(興味ない…)

IMG_2871_R

ちょっとぐったりしてきて、通りのお寺を覗く。

IMG_2872_R

仏像達は穏やかな顔でひっそりとたたずんでいました。

IMG_2875_R

観光客相手の街なのでしょうがない。

疲れが出てきたので散策は朝に回す事に。

IMG_2877_R

満艦飾営業中

IMG_2878_R

ホテルへ帰る。併設のランドリースペース。

IMG_2879_R

いかにも外国製のバカでかいデザインの洗濯機や乾燥機。

そこに「ね」のつく生物が眠っていた。

この辺りの住人と思われる。

IMG_2880_R

目覚める「ね」

IMG_2882_R_edited-1

近づいて話しかけると一向に気にしない様子で、また目をつぶり、瞑想にお入りになられた。

IMG_2883_R

「ね」をそっと撫でると、気持ちがよかったようで全身で伸びをし、コロリと横になっていつまでも身体を掻かせる。

やけに慣れていやがるなと思い右を見ると、同じような猫がホテル事務所の食卓で人間に構われていた。このホテルの飼猫らしかった。

チェンマイを好きになれそうな気がしました。

IMG_2884_R01

4につづく

▼前回までの記事はこちらです。

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 1羽田-バンコク往復3万円空の旅 心踊る出発

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 2地獄の北京空港 Hell of a time at Beijing Airport

▼2013~2016までの記事はこちらです

木村悦子のブログ

いいね!で更新情報を
お届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする