3クウェー川鉄橋編 バンコクから乗合バスで行くカンチャナブリー★☆楽しいタイ滞在☆★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

クウェー川鉄橋のタイ人カップル。

IMG_4429_R

橋上の観光客

こんにちは。木村悦子です。(^^)

前回の続きです。

▼前回

1同席者の体臭に閉口編 バンコクから乗合バスで行くカンチャナブリー★☆楽しいタイ滞在☆★
朝に公園で会った鳥 タイには色々な生物がいる。 バンコクから乗り合いバス(ロットゥー)で到着した終点カンチャナブリー駅。 ...
2JEATH戦争博物館、連合軍共同墓地編 バンコクから乗合バスで行くカンチャナブリー
タイ・カンチャナブリー周遊ツアーのドライバー氏と人力車 こんにちは。木村悦子です。(^^) 前回の続きです。 ▼前回 1同...

クウェー川鉄橋までの道 Road to the River Kwae bridge

IMG_4369_R

街の景色が急に雑多になり、繁華街に近づいたと解った

IMG_4370_R

IMG_4371_R

IMG_4372_R

IMG_4373_R

IMG_4382_R

IMG_4385_R

IMG_4386_R

列車が見えてきた

IMG_4387_R

IMG_4388_R

大きめの公衆トイレ

IMG_4389_R

往来の激しさを示す巨大ゴミ袋

IMG_4391_R

観光客

IMG_4392_R

タイの観光地に良くあるオーダースーツ店

IMG_4394_R

ジュース屋台とタイ人家族

IMG_4395_R

クウェー川鉄橋へ着きました。

クウェー川鉄橋 River Kwae Bridge

IMG_4396_R

橋はガイドブック写真そのままでした。

IMG_4397_R

IMG_4405_R

IMG_4402_R

Riding any vehicle on the bridge is strictly prohibited. State Railways of
Thailand will take no responsibility for any accidents.
橋上ではどのような乗物も厳重に禁止されています。タイの国営鉄道はいかなる事故についても責任を負いません。

IMG_4404_R

IMG_4403_R

IMG_4408_R

もちろん人が落ちないよう手すりはあるが、結構その目が粗くてドキドキ

IMG_4411_R

IMG_4413_R

私もおずおずと渡り始めました

IMG_4414_R

IMG_4415_R

右前方に中国式観音像が

IMG_4416_R

IMG_4417_R

中国の人もたくさん亡くなっていたしなあ、とさっき立ち寄った中国人墓地を思い出す。今でもタイに中国人はたくさん住んでいます。(というか既にタイ経済の中核を握っています)

IMG_4439_R

向こう岸の近くに漢字の看板。

IMG_4422_R

字面から、亡くなった軍人達への記念碑と思われた。ボートや陸橋、屋台でにぎわうが、やはり細部は暗い成り立ちを感じさせる。

IMG_4419_R

史実の悲惨さと現在の観光地ぶりのギャップが激しい。ここで一番強く感じるのは感動でも喜びでもなく「無常」でしょうか。

IMG_4420_R

タイ人の男女が言葉もなく川を眺めていて、ここだけが美しく見えました。二人の佇まいに浮足立ったものがなかったからだろうか。

IMG_4433_R

IMG_4440_R

橋に腰掛けないでください

IMG_4441_R

やっと地面になった。向こう側へ到着

IMG_4442_R

でもずっと続いている。

IMG_4449_R

すごいのは、この線路と橋が現役なことです。一日数回、観光鉄道が行き来する。ビックリするけどそのために橋の両サイドのポケットに避難、というか寄るようです。

▼列車運行中の様子(フォートラベル)

サイトsrc_15212222.jpg (640×480)

IMG_4471_R

↑もし歩いているときに電車が来たら、このポケット(安全プラットフォーム)に入る。

IMG_4451_R

Take care when walking on the bridge Move to safety platform when train approaches bridge. State railways of Thailand will take no responsibility for any accidents.

橋をお歩きの際はご注意ください。列車が橋に近づいたら安全プラットフォームに移動します。タイ国営鉄道は、事故について一切の責任を負いません。

IMG_4452_R

IMG_4455_R

お休み中の屋台たちが放置されていた。

IMG_4456_R

IMG_4470_R

更に奥へ奥へと歩いていくと、こんな楽し気な様相に。

IMG_4466_R

スタート地点に戻る。カップルが自撮り中。

IMG_4465_R

横に爆弾が展示されていた。

日本人戦没者慰霊碑 Memorial Monument for Japanese

IMG_4482_R

IMG_4481_R

ドライバー氏は日本人慰霊碑にも立ち寄ってくれました。時間も土地勘もなく、自分では思いつかないルートでありがたかったです。

IMG_4483_R

けど先ほど訪れた連合軍共同墓地に比べ、あまりに質素なので驚きました。

この差はそのままその国がその国民を大切にしている度合なんでしょうか??

カンチャナブリー連合軍墓地

↑連合軍墓地

泰緬鉄道プロジェクトでは暴力をふるう側だったとはいえ、日本兵だって、行きたくもない戦地で一つしかない命を失った事は同じなのに。

色々調べましたが、当時の日本兵が建立したもののようで、しかもその後日本国からの管理や支援は何もなさそうです。

つくづく国のため戦って死ぬなどあほらしくないですか?…

戦争で得をするのはいつも、徴兵される国民の側ではなく、徴兵する側の方です。戦争はいつも「防衛」という口実で始まる。騙されたらいけない。それは嘘です。怒りや恐怖をあおって私達を動かすだけ。

動かす方の人達は死にません。死ぬのは私達とその家族です。(笑)

IMG_4487_R

質素なお布施箱が寂し気に置かれていた。

IMG_4486_R

美しいのは、後に咲く花だけ

つくづく私達のご先祖そして私達(日本人)があわれ。無駄死、犬死の戦争に駆り出され、死んでからもこの有様…

このギャップは、私には思わぬいい勉強になりました。

カモられたドライバーに感謝すら芽生えました。

帰路 Return trip

IMG_4488_R

帰路につく。さすがに夕方の光になっていた。

IMG_4494_R

どういうワケか、帰り道が犬だらけだった。

IMG_4493_R

IMG_4495_R

IMG_4499_R

IMG_4500_R

日本でも飼犬が散歩されている時間ですが、みんな野良の子達なので自主散歩中。

IMG_4497_R

Cars For Rentの文字。貸しバイクも多い。

チェンマイ同様、カンチャナブリーもバイクで巡るのが一番よさそうな所だと感じました。街の規模からいって。乗れる人は選択肢になると思います。

IMG_4498_R

昔っからタイの田舎には常に欧米人の老人がいる。でも、若い頃はそれがなぜなのかよくわからなかった。

中年になって、彼らに限らずリタイヤ後の滞在先として東南アジアが魅力的なのがよく解るようになりました。

IMG_4503_R

タイによくある、何だかわからない改造車。観光に使いそうなカタチ。

IMG_4504_R

IMG_4505_R

IMG_4512_R

田舎町の夕方

IMG_4507_R

元来た連合軍墓地を通る。

IMG_4513_R

色んなものを見たけど、この日一番心に残ったことは結局、タイの田舎がとても美しい、ということです。

IMG_4524_R

IMG_4526_R

IMG_4527_R

なんとなく街が雑多になったな、と思ったらすぐカンチャナブリーの駅に着いてしまった。

IMG_4528_R

IMG_4530_R

ありがとうございました。おつかれさまでした。

IMG_4531_R

帰りもロットゥー(乗合バス)に乗る。宿泊地名を告げ、最寄り駅までの便に押し込まれる。

IMG_4534_R

ロットゥーの客をさばくタイ人男性。

IMG_4535_R

帰りのバス内では助手席で、運転手は行きよりずっと気さくな人だった。彼の到着駅名「カンペーンペッ」の発音が焼き付いています。

タイ語の発音は独特ですが、電車アナウンスなどは繰返し聞くため耳が慣れてきます。せめて地名くらいはとタイのイントネーションでブツブツ繰り返す。

IMG_4537_R

IMG_4538_R

帰りのロットゥー到着駅。(カンペーンペッ)仏像がライトアップされていた。

IMG_4542_R

IMG_4544_R

猫がいた。おいでおいで。

IMG_4545_R

IMG_4546_R

 今日ね~カンチャナブリー行ったの。疲れたよ~

 いいから餌くれよ…

IMG_4547_R

IMG_4548_R

IMG_4549_R

地下鉄入口。ここまでくれば自分でもなんとか帰れます。

IMG_4550_R

いろいろあったけど、充実した一日でした。

3クウェー川鉄橋編 バンコクから乗合バスで行くカンチャナブリー★☆楽しいタイ滞在☆★
この記事をお届けした木村悦子の新ブログ2017-の更新情報をいいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする