上映会「みんな生きている-飼い主のいない猫と暮らして-」@17/11/12流通経済大学 新松戸1号館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
みんな生きている松戸上映会TOP画像

猫が好きな人も嫌いな人も、野良猫は無くしたい!でも…野良猫ってどうすれば無くなるの?

こんにちは。木村悦子です。(^-^) 本日は上映会(主催:動物福祉団体いのち)の告知です。

愛すべき存在?それとも害獣?

可愛い、癒される!LOVE投げキス …好きな人にとって猫は、愛すべき存在。糞をする、鳴き声がうるさい、ゴミを漁る!BADイライラ …嫌いな人にとって猫は害獣。
今日も猫に餌やりをする人と嫌う人との間でトラブルが絶えません。

野良猫を減らす地域猫活動、課題は知名度の低さ

猫を愛する人、嫌いな人とも有効な「野良猫問題」解決策として注目され、千葉県でも積極的に推進されている「地域猫活動」。猫に不妊手術をほどこし、増えないようにした上で餌やりと片付け、トイレ設置と掃除を行い、一代限りの命をまっとうさせつつ無理なく猫を減らす「地域の環境活動」です。

野良猫が子供を産んだ、迷惑な餌やりさんがいる、猫嫌いご近所とのお付き合い…猫を巡る悩みは尽きませんが、どれも「地域猫活動」無しに解決する事はありません。(※猫の遺棄、毒餌等での殺害は犯罪で罰せられます)

とはいえ松戸市では「地域猫活動」の普及は始まったばかり。実践者からも、「地域猫活動」をまったく知らない方への説明が難しい、猫を増やす活動と誤解される…そんな声もよく聴きます。現状、千葉県全体でまだまだ「地域猫」は、言葉の周知段階でもあります。

そもそも「野良猫」はなぜ多い?どうしたら減らせる?

「みんな生きている-飼い主のいない猫と暮らして-」は野良猫と暮らす事になった映画監督が、野良猫はなぜ多い?どうしたら減らせる?…そんな素朴な疑問を調べ始め、ドイツにまで足を運んで、野良猫対策に奮闘する人々を追ったドキュメンタリーです。


その結果「野良猫問題」の原因と減らし方、また「地域猫活動」の方法が、誰でも自然に分かる内容になっています。

松戸市「飼い主のいない猫不妊去勢手術補助金」ができるまで

上映後の講演&質疑応答では、平成26年から松戸市でも導入、現在も多くの人に利用されている「飼い主のいない猫不妊去勢手術補助金」成立のキーパーソンにお話をうかがいます。

H29松戸市飼主のいない猫補助金表紙

2017年現在、平成29年度の予算は140万円近くに増え、多くの人が利用する制度ですが、この補助金ができるまでの道のりは簡単なものではありませんでした。

いったい野良猫を無くしたい人は、どのように行政(市役所など)に働きかければいいのでしょう?…その貴重なヒントをお聞きください。

(上映、講演とも)猫好きだけでなく、猫嫌いの人大歓迎!

見て、聞いて、いっしょに野良猫問題、野良猫トラブルを解決しませんか?

上映会「みんな生きている-飼い主のいない猫と暮らして-」開催概要

日時 2017年11月12日(日) 開場13:00 上映13:30-15:00 講演15:15~16:00
上映 「みんな生きている-飼主のいない猫と暮らして-」監督 泉 悦子
講演&質疑応答 「松戸市飼い主のいない猫 不妊去勢手術費補助金ができるまで」田居 陽子氏(幸田地域猫の会 代表)
場所 流通経済大学 新松戸キャンパス1号館(千葉県松戸市新松戸3-2-1)TEL. 047-340-0001(代表)JR常磐線新松戸駅 徒歩4分 大きい地図を開く
料金 無料
定員 260人(先着順)
申込 不要(直接会場へお越し下さい)
問合せ 090-8500-9439(木村)
主催 動物福祉団体いのち
駐車場 専用駐車場はございません。周辺のコインパーキングをご利用下さい。
タグ 千葉県、松戸市、地域猫、地域猫活動、野良猫トラブル解消、地域猫活動の方法、野良猫を減らす、飼い主のいない猫、不妊去勢手術補助金

「地域猫」という言葉の意味がよくわからない…人にすすめたいが説明が難しい…仲間が周囲にいない…同じ悩みを持つ方は大勢います。この機会にぜひご近所・お友達とお越し下さい。

この記事が気にいったら
いいね!(=^・^=)