【チェンマイ・タモ寺】タイ仏教行事カティナ祭&タイ僧侶得度式に参加しました!2016年11月

カティナ祭の日、皆で記念撮影。立派なお坊さんはダモ寺のご住職。なぜか英語堪能。ここで瞑想インストラクションを受けたい!新しい目標ができました。

こんにちは。木村悦子です。(^-^)

「木村悦子のブログ」はアメブロからhttp://kimura-etsuko.comへ移行しました。(アメブロ過去記事はそのまま残し、更新はこちらで行っていきます)今後ともよろしくお願いします。

吹いちゃいましたね2月なのに春一番?(@東京)

今年の冬寒かったので喜びひとしお。身体の芯からゆるみました。

でも今回の訪タイで解ったのは「冬が無いと困る」

帰国して、11月の日本は寒いけど北京ほど地獄でなく。澄んだ空、カラリとした空気。それがとてもありがたかったです。

冬の無い国から戻ってみて初めて、美しい四季のある日本の私は幸せと気づかせていただきました。

▼前回のつづきです。

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 1羽田-バンコク往復3万円空の旅 心踊る出発

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 2地獄の北京空港 Hell of a time at Beijing Airport

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 3いつ行ってもゆるい。微笑の国 (バンコク→チェンマイ)

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 4チェンマイで朝食を…山奥の森林僧院・ダモ寺

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 5チェンマイ洞窟寺院&カレン族 ガイドブックにない秘境

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 6チェンマイ森林僧院生活、夜の冥想体験

IMG_3335_R

2016年11月5日早朝。チェンマイ。

IMG_3337_R

IMG_3342_R

ホテルはコテージ一人一つずつ。

IMG_3347_R

寺男のラーさんが車を出してくれていた。

IMG_3352_R

IMG_3355_R

IMG_3356_R

景色がいい。

IMG_3359_R

朝もやが最高。

IMG_3362_R

食事はこの旅中ワースト。

IMG_3366_R

なぜか英国意匠。

IMG_3370_R

タイによくある「3in1」スティック。(コーヒー+クリーム+砂糖)

砂糖なしが好きなんだけど、なかなか無いんだよね。

IMG_3371_R

お寺。朝からもうお祭り始まっていた。

IMG_3381_R

雑巾も坊さんカラー。というか、本当に古い袈裟かもしれない。

もともと袈裟は「糞掃衣(ふんぞうえ)」。出家者は人様の捨てたボロ切れを纏った(とされている)だけに、ボロが元の姿に戻っただけか。(実際、現代の袈裟は真新しいきれいなオレンジ布ですが)

IMG_3383_R

お坊さん達が食器を洗っていた。

IMG_3385_R

外の景色と相まって、きれいなのでつい見てしまった。

IMG_3396_R

地元の人達がこしらえて下さったおかず沢山。

IMG_3399_R

IMG_3400_R

見るからにおいしそう。

IMG_3403_R

美味しい物一杯でまた沢山いただきました。けどドクダミには参った。干したり焼いたりしてないモロフレッシュな生のドクダミが。

味…パクチーが可愛く思える味です。

これを食べられる=タイ人認定します。

地雷度★★★★★★★★★

IMG_3410_R

地元の子とお母さん。みんな服がかわいい。

IMG_3411_R

タイで寺院参拝→女性は白が基本のようでした。

IMG_3412_R

IMG_3413_R

IMG_3418_R

飾りつけに使うから、と皆で鶴を折りました。

IMG_3420_R

IMG_3429_R

IMG_3431_R

IMG_3432_R

アイスクリーム売りも来ていた。

IMG_3433_R

IMG_3434_R

南国の風景。大好きな鹿児島や沖縄を思い出す。

IMG_3436_R

お金を挟んだ何か原始的なものができていく。日本の熊手と同じセンスを感じました。

IMG_3441_R

この「金の成る木」(勝手に命名)は、タイの人には拝むほど大切なもののようだった。日本人が熊手に商売繁盛を祈っているのと同じだろうか。

IMG_3445_R

ハラハラ気味な落合先生。

IMG_3447_R

良く晴れていた。

IMG_3454_R

IMG_3456_R

こうして「日本チーム」の「金の成る木」が出来ていった。

IMG_3460_R

IMG_3462_R

開始を待つタイの人達。寺院参りの服は白であればデザインの地味派手は問われないようでちょっと面白い。

IMG_3479_R

小さい女の子。アジア人に似あうヘアスタイル。

IMG_3482_R

タイの人は本当に、みな敬虔です。

IMG_3484_R

儀式が始まった。

IMG_3491_R

在家信者代表、のような人が開始の言葉のようなものを述べる。

IMG_3493_R

一斉に手を合わせるタイの人々。

IMG_3494_R

短期出家(1ヶ月とか)の人も含め、神妙にそれを聞くダモ寺在中のお坊さん達。

IMG_3498_R

落合先生から何か説明。

IMG_3505_R

おもしろいのは、この大きいウチワに顔を隠して色々なお話をなさること。

IMG_3507_R

謹んでお話いたします、ということなのか。

IMG_3509_R

IMG_3513_R

カティナ祭後に得度式を控えた奥田さん。終始瞑目していた。

IMG_3516_R

皆で折々に合掌。

IMG_3518_R

つづいて、衣類贈呈のセレモニーへ。

IMG_3520_R

どうもこの「カティナ祭」はお坊さんに衣類をお布施し、また一年の生活費というか、寺院運営に必要な原資を集める機会になっているようだった。

IMG_3533_R

スマホで激写する人々。

IMG_3539_R

代わる代わる衣類をお供えしに行く列席者たち。

IMG_3541_R

つづいて美青年僧スリンさんから。

「衣類をありがとう。皆さまの幸せを祈念します」的な内容と勝手に想像。

IMG_3548_R

なーむー。(タイ語だけどね)

IMG_3554_R

最後にご住職からお説法。

IMG_3555_R

なーむー。

IMG_3556_R

最初から最後までタイ語なので意味不明ながら、カティナ祭はこんな感じ。

IMG_3557_R

続いて、落合先生からお水をかける儀式スタート。

IMG_3558_R

お清め、ということでしょうか。

IMG_3559_R

これがねえ、結構すごい水量なんですよ。(笑)

私もバシャッと浴びさせていただきました。

IMG_3561_R

バシャッ。

IMG_3562_R

IMG_3563_R

バシャッ、バシャッ。

IMG_3570_R

なーむー。

IMG_3573_R

なーむー。

IMG_3575_R

日本の金のなる木にタイの人々がまた何かを足して下さったようだった。

IMG_3578_R

タイのお札で出来た花の鉢。

IMG_3579_R

100THB=300円くらい。

IMG_3580_R

セレモニーホールのご本尊。

IMG_3582_R

IMG_3583_R

出たぁ~涅槃佛。レリーフがよく図鑑で見る出土品のようだ。タイでは仏教関係がすべてにおいて古代から(ほとんど)変わっていないようで驚く。

ここまで見てきたように、タイのお寺は日本とはずいぶん色々感じが違うと思います。

でも日本に「仏教伝来」する前の源流(初期仏教)はこんな感じです。

「阿弥陀如来」「観音菩薩」などの日本でメジャーな仏様はおらず「お釈迦さま」を大切にします。

IMG_3585_R

お祭り後。地元の中学生か。

IMG_3586_R

日本から持参したお菓子を分ける。

IMG_3590_R

子どもながら合掌姿が決まっている。

タイの人は本当に、生活の中で普通に合掌する。拝む時だけじゃなく、ありがとう、こんにちは。

合掌は(日本を含め)アジア人にとても似合い、美しい姿と改めて気づく。

IMG_3595_R

右は、子供らの学校の先生だそうでした。

IMG_3596_R

大してうれしくもなさそうな、一方で抜け目なく価値を見定めているような…表情が素直。

ここまで午前中「カティナ祭」で、午後から奥田さんの得度式でしたが、ここでまさかのカメラバッテリー切れ。バッテリーは前々泊チェンマイ市内ホテルに、充電したまま置いてきたと気づきました。

どうしよう、ご免、写真撮って、バッテリーは今日ホテルに戻って見てみるとかやってるうち、得度式参加者としてアサインされることに。

どうも新人比丘を得度させる儀式に、2人以上の親族等の女性が参加する必要があるらしい。

血のつながりは無いながら、急きょその役を務めることになりました。

その様子はこちら↓

CIMG1507 - コピー_R

鉢や袈裟を持って得度者の後ろにつき練り歩く。私の隣は短期出家の人のご家族。

こんなことなら上下白を着てきたのに!と思いましたが、もうこの服でやりおおせました。

得度式は、10人以上の僧侶に囲まれた新人が正式に出家するわけですが、周囲にスマホで激写する列席者がいたり、背中に鉢を背負ってみたり…荘重なのかのん気なのか。

いかにもタイらしいセレモニーでした。

当日チェンマイ市内ホテルへ戻ると、充電したままのカメラバッテリーは泊まった部屋にありました。

なんだか出来過ぎたタイミング。当日は写真を撮るより得度式の手伝いをさせていただく運びになっていた気が勝手にしています。

thai_buddha_story_image1-edit

旅をふりかえって…

今回ほんのさわりに過ぎませんが、タイの僧侶生活にふれる機会に恵まれました。

10年前に藤川和尚(タイで出家した元地上げ屋の僧侶)との出会いから仏教の森へ分け入っていった自分としては、感慨深いものがあります。

日本を含め世界中にいろんな仏教がありますが、タイの仏教は現存する様式としては最古のスタイルに属します。原始仏教に尽きない魅力を感じる者としては充実した旅でした。

この旅を機に自分の中で新たな目標が3つ生まれました。

すべて実現できるよう、mindfulに生きていきたいと思います。

mindfulsusan_R

状況がありのまま観えている状態、をうまく表現。mindful=余計なことを考えていない状態。

MindfullPlanet.com

mindfulの辞書的な意味は「心に留める」「忘れない」「注意深く」です。

mindfulに生きるとは、頑張るではなくbest performance という意味が近いでしょうか。真剣に、今ここに生きる。いつも今に集中して生きれば、結果それは「自分史上最高」になる。

仏教が私に教えてくれた事です。何かを実現させたい時、一番大切なこと!

短く楽しかった旅の報告は以上です。ありがとうございました。

このシリーズおわり

お知らせ

2017/2/20~再びタイへ行くため、ブログ更新をしばらくお休みします。

また色々ネタを仕込んできます( ´艸`)

またアップしますので、よろしければまたお立ち寄り下さい!(* ̄∀ ̄)ノ

よろしくお願いいたします。<(_ _)>

▼これまでの記事

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 1羽田-バンコク往復3万円空の旅 心踊る出発

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 2地獄の北京空港 Hell of a time at Beijing Airport

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 3いつ行ってもゆるい。微笑の国 (バンコク→チェンマイ)

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 4チェンマイで朝食を…山奥の森林僧院・ダモ寺

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 5チェンマイ洞窟寺院&カレン族 ガイドブックにない秘境

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 6チェンマイ森林僧院生活、夜の冥想体験

▼2013~2016までの記事

木村悦子のブログ

この記事が気にいったら
いいね!(=^・^=)