【2017千葉松戸市版】野良猫トラブルへお困りの方へ。はじめましょう!地域猫活動

地域猫TOP画像 タイヤと野良猫

数年前の「猫バンバン」キャンペーン覚えておられますか?停車中エンジンルームに暑さ寒さを避け猫が入る。エンジンがかかるとパニックに陥った猫が機器に巻き込まれ痛ましい展開に。その防止にエンジンをかける前、車のボンネットをバンバン叩いて(居るかもしれない)猫に知らせようというもの。

img_action1-2

日産:#猫バンバンプロジェクト 猫も人も安心して過ごせる社会のために。

美談として流通したが、そんな場所で寒暖をしのぐ猫は野良がほとんど。そんな猫の多い現実がそもそも問題と思っていた。身近な所でヒッソリと誰にでも、野良猫は関わっている。

こんにちは。木村悦子です。(^-^)

前回記事(約1年前)がお蔭様でよく読んで頂けたので、2017年度版を作りました。先日(17/6/11)開催「はじめましょう!地域猫セミナー」の質疑応答と共にお届けします。

「松戸市地域猫状況」概観(2016~2017)

松戸市内で野良猫に悩む人の全体状況はさほど変わりませんが、地味なレベルで改善しています。

2016からの進展

  • 「広報まつど」(松戸市広報紙。約50万部発行)…地域猫活動が初めて表紙に特集
  • 地域猫バッジの申請書…ダウンロード可能に(以前は申請書をもらうのも窓口のみ)
  • 補助金額…昨年比トータルで微増(予算総額が過去最高の1,390,000円に)

170401_web-1

「広報まつど」2017年4/1号(月2回発行)

年度

予算総額(万円)

補助金額/1匹(円)

H26 75 5,000
H27 100 5,000
H28 122 オス5,000 メス7,000 妊娠メス9,000
H29 139 オス5,000 メス7,000 妊娠メス9,000

image

飼主のいない猫不妊手術助成金推移(松戸市)平成26~29年(筆者作成)

全体に緩やかに良くなっている事は見てとれますね。では、簡単に地域猫のおさらいから…

地域猫活動とは

chiikineko_R

飼主のいない猫(野良猫)に不妊去勢手術を施し、地域住民で餌やり・トイレ始末をして「地域で飼っている猫」として一代限りの生をまっとうさせる「地域の環境活動」(「猫保護活動」ではない)。

地域猫活動のメリット

  • 不妊去勢により確実に猫が減る
  • (個人でなく)地域住民(複数)で世話をするため、継続に無理が無い
  • 住民コミュニケーション活発化により、副次的に環境安全化も

野良猫対策に現状、ベストの方法として国(環境省)、千葉県、そして松戸市も推進しています。

chiikinekokatudou-2w610-tiny

環境省「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」(PDF)16ページ参照https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2202.pdf

改めて定義・理念を眺めると「素晴らしい活動」と私は心から思うんですが…「素晴らしい活動」の多くがそうであるように、地域猫もすぐにうまくいく!ものでもないようで。その辺の話もしつつ、いま松戸市で使える制度をみていきます。(2017年7月現在)

Q1 猫の不妊去勢手術をしたい。使える補助金はありますか?

A1 松戸市飼主のいない猫の不妊・去勢手術補助金があります。

昨年に引続きいったん病院に手術代を全額支払い、後日、補助金を受け取る形です。申請書をダウンロードしてお使い下さい。

H29chiikineko-matsudo_R

※平成29年度=平成29年4月1日~実施された手術対象。

松戸市飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費補助金|松戸市

Q2 補助される金額はいくらですか?

A2 平成29年度は以下の通り。(平成28年度と同額)

松戸市飼主のいない猫の不妊・去勢手術補助金(H29年度)

性別 補助金額(円)
オス 5,000
メス 7,000
メス(妊娠中) 9,000

参考:不妊去勢手術費用相場(松戸市)

性別 金額(円)
オス 10,000~15,000
メス 20,000~30,000

※出典:はじめましょう!地域猫活動(2016セミナー)

(2)【報告】はじめましょう!地域猫活動 八柱動物病院 中島昭満先生(獣医師)のお話|木村悦子のブログ2013-

手術代は相場の低いほうの金額、半分ほど補助してもらえるイメージでしょうか。補助金額には日本そして松戸市の一般市民の動物福祉意識の現状が反映されていると思います。(注:それを高められるのは市役所ではなく市民です。これについては後でまた)

千葉県

昨年まで紹介していた「地域猫団体(3人以上)を作り申請、通れば無料で野良猫の手術ができる制度」がありましたが、今年は未だ千葉県のWEBサイトに案内が出ていません。(例年6月頃掲示) ※5ヵ年計画で実施だったため、このタイミングで廃止の可能性高。

chi-ba-bye
https://store.line.me/stickershop/product/1138332

(以下17/7/8追記)と思っていたらこんな対応になりました。(平成29年度から、制度を使える市と使えない市が分けられました)


「飼い主のいない猫不妊去勢手術事業実施計画」の募集について/千葉県

風のたよりでは、千葉県の独自見解により「もう地域猫が盛り上がってきた所は県の施策は必要ないね」と判断された市は対象から外されたようです。

そもそも猫の写真を事前に取れとか、捕まえ難い野良猫を期日指定して持ち込めとか、使い勝手の悪さで普及もへったくれもない制度でしたが…(事実、普及してない)

個人的に千葉県の動物関連施策に言いたい事は書けないほどありますが、野良猫問題に心を痛める県民はあまり千葉県をアテにしない方が精神衛生上良いでしょう。

まとめ

現状、松戸市にお住まいの方が野良猫不妊去勢手術に使える公的制度は「松戸市の補助金」のみです。

松戸市飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費補助金|松戸市

Q3 補助金以外に松戸市で地域猫活動に役立つものはありますか?

Q4 希望者は地域猫活動者バッジが借りられます。

No.000

2016年からの変更点:運用が少し改善され申請書がダウンロードできるようになりました。(以前は窓口のみ)平日17:00までに役所の窓口に申請しに行けない市民は多いと思うのですが、役所の方々はそのような「些細な事」にはご想像が行かれないようでしたので、驚いて依頼したら変わってました。

一応、「対面で」「お話を聞かせていただいて」から貸与するそうです。(それで「お断り」って逆にできるんだろうか??…)なので、それなりにキンチョーして取りに行きましょう…

地域猫活動バッジ|松戸市

Q4 猫の捕獲器は松戸市で借りられますか?

A4 現状、千葉県からしか借りられません。(2017年7月現在)

昨年と同じ回答になりますが、松戸市の方の場合、高柳の動物愛護センターへ問合せして下さい。annaizu2
動物愛護センター東葛飾支所案内図/千葉県

地域猫セミナーに来ていた方に聞くと、近くの動物病院で借りたなど皆さん苦労されているよう。手術をする側からは、野良猫を捕獲しダンボールに入れ連れてこられても、(必死な猫が)開けた途端飛び出して暴れるため、怖くてフタを開けられないと獣医師の中島先生がおっしゃっていました。

cat_angry_R

そのように、捕獲だけでなく円滑な麻酔および手術移行に捕獲器は「地域ねこ活動」のマストアイテムなのですが、現状まだ松戸市には捕獲器の用意がありません。

この件は今月(2017/6月)開催の地域猫セミナーでも話題になりました。

(1) 松戸市でも地域猫を広めるには?セミナー質疑応答 2017年6月11日(千葉県) – YouTube

個人的には、貸与捕獲器の保有は松戸市がどれだけ本気で地域猫活動に取り組んでいるかのバロメーターに思えます。(自分の意志と関係なく下りてきた施策をさほど熱意も無くやっているのが大多数役人の実態なので簡単ではないと思う。やって給料上がる訳でもないでしょうし…)

ただ地域猫推進と言いつつ捕獲器を持たない自治体って「好きだ」「愛してる」と言いながらデート代を女に出させる男みたいに私は感じてしまうんですが…そういうと「性差別」って言われちゃうかな…

kuchisaki

本気を感じない

現実は上から急に地域猫と言われ、仕事で(仕方なく)やっている役所の方々の頭の中がまだついていってない、貸与となれば捕獲器の管理が正直面倒・やりたくない…その辺の事情が察せられます。少し時間はかかりそうですが、地域猫活動普及に避けられないアイテムであり、今後に期待しています。

611XjPeFyWL._SX425_

51FXfB41D1L._SX425_

毎度のアナウンスですが、餌吊下げ式より踏板式がおすすめ。少額を惜しんで使い勝手が悪く猫がかからなければ本末転倒。価格:1万円前後~

捕獲器は1~2万円なので、町会レベルで取り組めるならその地域で買ってしまっていい物です。ただ

  • 誰の家にもあるモノではない
  • その地域の猫を捕獲し終われば不要に
  • 野良猫の不妊去勢をしたい個人が多い

コトの性格上、本気で「市として推進」と言うなら、地域環境改善に重要な道具なので、活動者に貸与できる捕獲器を自治体が持つことは理に叶っています。早く導入すればそれだけ早く猫が減るんですから。

が、市民側も市で購入してもらうことを「当たり前」とは思わないことでしょうね。権利と義務はワンセット。市で買え、と言う人は自身が「出来る事はしている」のも当然と私は思いますよ。

※市レベルで地域猫活動に捕獲器を貸与している自治体…大阪の枚方市が行っています。

飼い主のいない猫(野良猫)について | 枚方市ホームページ

Q5 現在8匹の子猫を抱えている。里親団体が知りたい。

(17/6/11セミナーでの問合せ)

Q5 お住まいの近くの譲渡会を探してください。(以下参照)

d172e67b67a69d1c5a79d18f86e549c4--kitten-cat-baby-kittens_R

猫の赤ちゃん。こんな頃ならどこでも貰い手つきやすいだろうけど…

自治体

松戸市の場合「動物愛護センター東葛支所」が会場になり、月1回「飼い主探しの会」が開催されています。※1不妊去勢手術の不備で望まない仔猫が生まれた等の引取り相談から、貰い手探しのチャンス提供目的でスタートしたとのこと。そのため参加には以下の条件があるそうです。

  1. ご自身で飼っている猫
  2. リピート不可(また産まれちゃった…のような理由は許されないため)

「飼い主さがしの会」での県のスタンスは「場所提供」。とはいえ、猫が欲しい人と猫をあげたい人の貴重なマッチングの場の一つであり、貰い手を見つけるチャンスを増やすためにも問合せを。

image

飼い主さがしの会/千葉県

※1【重要】「譲渡会」と「飼い主探しの会」は別の催しだそうです。(開催日も異なる)

目的

  • 譲渡会…愛護センターに収容されている動物達の譲渡
  • 飼主探しの会…飼主を探す県民と飼主になりたい県民のマッチング場所提供

民間

「松戸 譲渡会」等で検索すると見つかります。「ジモティー」のような地元の人同士をつなぐサイトへの情報掲載は、手間はそれほどかからないのでぜひ行ってください。

動物愛護活動 – アニファ動物病院

松戸市の里親募集|ジモティー

その他(猫の里親探し方法)

ご近所さん、かかりつけ動物病院・お店へ貼紙依頼、行く先々で「猫欲しい人いませんか」、アカウントを持っているならSNSやブログで呼びかけ、可能なら地域新聞掲載など自分の持ち手は全部尽くす。

毎日その子の写真をアップしていく愛護団体のブログは、時間は少しかかっても猫をもらう方もその子の状況が解り安心できる良い方法で、見習う所が多くあります。

セールスポイント(猫をもらってほしい時、売りになること)

  • 子猫・若い猫
  • 不妊去勢手術済み(生後半年経ったら猫のため人のため、実施しよう)
  • トイレのしつけ済み
  • 人懐こい(可愛がって人好きに育ててあげよう!)

あとは餌の種類等、猫を貰いたい人に聞かれる事に答えられるようにしておいて欲しいとの事でした。

Q6 野良猫が多い公園で地域ねこ活動をしたいが「ここで餌をやるな」の立て札が。どうしたら?

(17/6/11セミナー、千葉県内・某I市住民からの問合せ)

kinshikanban

イメージ

A6(松戸市の場合)地域猫活動希望者の話をよく聞き、実態を把握した上で「無責任なエサやりさん」でなく信頼できる「地域猫活動者」として認められれば、環境保全課から公園緑地課へ活動許可依頼を出します。

2013218101344_R

松戸市の場合ね

この点、松戸市の対応は柔軟で評価できます。I市では、公園での地域猫活動は一切認められず、居着いた猫のハンドリングもできず混乱が続いているそうな。猫に言って聞かせるワケにもいかず…><

上記のように運用は千葉県内でも市によって違うようですが、幸い松戸市の場合「交渉の余地がある」ので松戸市住民は問合せを。(当然、ご自身が信頼される活動が持続できる前提ですよ!)

環境保全課|松戸市

参考:餌やりをめぐる現状(地域猫活動が進んでいる地域はどうしているか?)

meguro03

ootaku1

setagaya1

kounanku2

エサやり啓発看板 コレクション

www.geocities.jp/noranekogaku/gyouseikanban/tobira.html

一方的な「エサやり禁止」でなく「後始末・不妊手術との併記」看板は、東京都と神奈川県しか見当たらなかった。いずれも国内では動物愛護意識が高く殺処分数が少ない地域だが、それが見事に現れている。一方、わが千葉や隣の茨城は処分数ワーストで有名。歴史の差。

「餌やりをめぐるイザコザ」は、けっきょく地域猫活動者の「ふるまい」が解決の決め手です。私を含め地域猫活動を進めたい人は、猫嫌いや無関心者への対応を「自分の人格を磨いてくれるありがたい修行」と思い受け容れる度量・そして根気が要るように思います。。

zazen_woman_R

「猫のためいい事をしている」ではなく「猫を通して人格を磨かせて頂いている」と思ってみては?天は必ず見ている。解決できない問題は与えられないはず!

Q7 金銭的に負担です。皆さんどうしてますか?

(17/6/11セミナー、これから活動を始めたい人の問合せ)

A7 (中金杉地域の会の場合)県に地域猫団体申請する際、必要だったので町会長の印をお願いした所、自然と「出来る事はする」という話になり(頼んだわけではないが)数万円予算がついた。

IMG_20170611_152207_R

中金杉地域猫の会リーダーが回答(17/6/11はじめましょう!地域猫セミナー)

このエピソードに良く表れているように、その人の信頼に比例して協力者(とお金)が集まるようです。ミもフタもない解答ですが…

そのように地域猫活動は、始めようとする人のこれまでご近所で培ってきた人望や信頼など(ひっくるめて「人徳」)により、その後の展開や進展スピードが異なります。

別にだからダメという事は無く、信頼関係が無ければこれから築いて行けばいいし、お金が無ければ当座、自分で出せる範囲で出していけばいい事です。

コラム:地域猫を始めたい&興味がある方へ、解ってきたこと…

地域ねこ活動=地域(の)人(相手の)活動

ec34ec08_R

地域猫活動をこれから始めるとしたら、現実にはまず猫嫌いや餌やりで迷惑している人の話を「聞かせていただく」事からスタートだろう。(たとえそれが自分のした事でなくても…)

地域猫活動で必須の行動は猫の餌やり・トイレの始末だけでなく、何より「周辺住民へ理解を求めるための説明と周知」なので、その実態はかなり「対人の社会活動」になります。

つまり「猫と仲良し」になれる能力だけでなく「人間とも仲良し」になれないと中々、うまくいかない。ここが地域猫活動最大の難所で「人間より猫との付合いが好きな人」にとっての壁が現れる感じ…(猫をめぐるトラブルのほとんどが、人間同士の意志疎通トラブルです)

ただし一番大事なのは「根気・継続」で、色々話をうかがってきた限り、活動者が猫に関わる人達とのコミュニケーションを投げ出しさえしなければ必ずいい方向に行きます。

不幸な野良猫が減れば猫もハッピー、人間もハッピー。小さな命のため頭を下げ罵詈を耐え忍び、暑い日も寒い日も餌やトイレの世話をする事は菩薩の行いです。だからやることは間違ってはいない、けどみんなに認められるまでが大変な活動、ということでしょうか。

地域ねこ活動は起業と同じ

setsumeikai_seminar

自治会長をはじめ、周辺住民へのアナウンス必須

考えたら周辺住民にとって「迷惑な野良猫」だったものを「地域猫」に昇格させる=新しい価値観を導入、関わる人に根気よく説明、不妊去勢手術、猫の餌やり、トイレの世話を実行…していくんですから、それはもう起業ですよ。

誰にとってもそれなりに大事業で、お金・体力・何より想像力が要ります。(実際、社交性の無い人には難しい)経済的なこと、世話の手間、周知広報それぞれ手分けして分担できる事はベストで、そのためにも「協力者を得る活動者の姿勢」が問われます。

「猫への愛」だけでなく「他者への想像力と忍耐」が不可欠

genjitsu

世の中に一番多いのは「無関心な人」…理想はどんな人の声にも耳を傾けることだけど…

個人的に「地域猫活動」で一番大切なものは「常識」という気がつくづくしています。この「常識」がクセモノで人により千差万別なので、具体的に言うと「他者への想像力」でしょうか。

「他者への想像力」を更に具体的に言うと

  • 猫嫌いな人
  • 猫に無関心な人
  • 猫は好きだけど庭にウンチされて怒っている人
  • 仕事でカタチ上推進しているけど、猫問題に知識も情熱も無い役所の人

unchi_character_R

猫好きだって自分の庭にウンチされたら嫌だよ!そして猫にここはいい、ダメを見分ける能力は期待できない…

…そんな、あらゆる「猫をめぐる関係者」の気持ちを想像できる力。これが無いと、地域猫活動はなかなか、前に進んでいきづらいようです。

もちろん自分のこととしても、ホント色々大変な活動だなあと。だからこそ仲間が必要とも。地域ねこ活動って物理的にも精神的にも仲間がいないときついんでは?と以前から感じてます。個人活動家が多くそのネットワークを繋ぐ必要も痛感、そのための企画を考えています

編集後記

そもそも野良猫が多いから地域猫という話になる

色々述べましたがこれでも不妊手術助成金制度が無い流山市や我孫子市に比べれば松戸はマシなんです!!流山や我孫子の猫達のためにも、松戸市民は頑張らなくては。この流れが波及するように。

調べるほど東京・神奈川のレベルの高さ(というか千葉のレベルの低さ)に呆れましたが…結局、大事なのはどの立場であれ「今、自分に出来る事をやる」それだけの気がしています。

chi-ba-no

ボク達アテになりません!!頼らないで!

以前、上映会でかけていた映画「犬と猫と人間と」(2009年)で知りましたが、そもそもイギリスには「野良猫」があまりいないそうです。(ロンドンに掃いて捨てる程いるとも言われるが…少なくとも「野良は無料で不妊手術」できる制度があるとロンドンの猫好きが書いています)

51-tOugXnNL

薬物中毒治療中の猫好き音楽青年が、当時のほぼ全財産を使い拾った野良猫に医療を施し、二人(?)は友達に…。心暖まる展開が解っているため安心して読める。

欧米の多くのペットショップに生体(生きた動物)が売っていない事も広く知られていますね。

日本の野良猫の多さは、「誰でも好きに動物がえる」すなわち動物を飼うハードルの低い現実と見事につながっています。

飼育ハードル低い⇒覚悟も準備も無く飼う⇒世話が意外と大変と気づく⇒「事情で飼えなくなりました」⇒そうそう貰い手無い⇒保健所も今はなかなか引き取ってくれない⇒最悪捨てる⇒野良猫繁殖

10年前、日本で行われている「犬猫殺処分」にショックを受け、調べるうちに欧米や日本と全然状況が違う事を知り、それは何故なんだとまた調べ…自分なりに解ってきたこともありますが、動物を巡る活動で一番大切な事は何でもいいから「自分がやる」ことだと改めて実感しています。

誰もやってくれない。その事実ホントに解ってますか

o-JFK-facebook_R

ジョン・F・ケネディ – Wikipedia

私を含め、動物の好きな人にしてみれば、県も市も(日本の行政と人の意識そのものが)動物に対する福祉状況はまだまだ(こうあってほしい理想に比べれば)話にならないレベルだろうと思います。

でも、今回、地域猫セミナーの動画を編集していて…私を含めて市民にもまだまだ頑張っていく余地があるのでは、という気が素直にしました。

「天は自ら助けるものを助く」(1859年 サミュエル・スマイルズ 自助論)

「国が自分に何をしてくれるかではなく、あなたが国に対し何ができるか問うてほしい」 (1961年 ジョン・F・ケネディ 大統領就任演説)

今回、地域猫の記事をまとめていてこの二つの言葉が浮かんで仕方なかったんですが、ウーンこれはアメリカ人の考え方なのか?(゜-゜)でも地域猫問題で私が一番思うのはこういう事なんですよね。

猫や犬を助けてくれるのは役所ではない。

IP130829TAN000002000

犬猫にご関心、お有りでは無いようです

私もしばらく誤解してました…でも、役所に言えば何か変わるなんてとんだカン違いですよ。というか今は「お上に変えてもらう」その発想自体が一番いけない思考…という気がしてならないんですが…

役所に頼るなと言っているのではなく、役所はアテになりませんと言っています。(お世話になった人もおり、全員とは一切言わないが基本、小役人の大多数は犬猫や市民の事なんかホント気にしてません。議員の言う事は多少気にしているけどネッ!)

たまたまそれを知る機会に恵まれましたが…そもそも松戸市の「野良猫の不妊去勢手術助成金を導入」とか、「地域猫を広報紙の表紙に」といった野良猫問題に心を痛める人にとって喜ばしい変化は、別に市の自発的な提案により実現した事では決して無いという事実があります。

私が20年前拾った子猫は一昨年18才で死にました。虚弱体質や事故が無い限り猫は20年生きる動物です。野良猫の寿命は1-2年と言われます。猫の20才を人間の100才とすれば約10才。10年生き延びられない=人間なら飢餓地域や紛争地帯の路上生活児童レベルです。「可哀相だから」と不妊去勢手術はせず野良猫に餌だけあげ続ける人は、自分がしていることの罪深さに気がついてほしい。

もちろん結果的には成立に大いに協力したかもしれない。でもいずれもまず外部からの働きかけがあり、その結果実現しました。特に助成金制度の影には、その導入を最初に提案し強く進めてくれた人がいます。もちろん役人ではありません。

たまたま私はそれを知る事ができましたが、普通、市民からは見えないことです。だから猫の好きな人も嫌いな人も、野良猫を何とかしてくれと役所に本気で訴えてしまう。でも現実はクレーマー市民として担当者脳内ブラックリストに載る位が関の山だと思います。(勿論リアルのリストもあっておかしくありません)

つまり言いたい事は不幸な猫を減らしたい、犬をどうにかしたい等と考えた時、アテになるのは役所では断じてない。あなたや私のようなその辺の、動物を本当に愛する一般人だという事です。

誰かに要求しているだけの人は物事を変えられない。

Funny baby cat drinking milk again_c445cc_6026280_R

自分の問題として考えたことは…あらためて、やることは地域猫でも里親探しでも何でもいい。仲間同士助け合って、信頼できる相手なら立場を超えて誰とでも協力し…自分がやるべきことはしっかりやり、もらう方じゃなくなるべく与える方に回る。

そうじゃなきゃ運もついてこない、他人も説得できません。

「お上に言えば」「政治家に言えば」「獣医師に言えば」「愛護団体に言えば」…個人的には犬や猫の保護に興味のある人はまずそういう「幻想」を何とかする事だと改めて理解しました。(誰に言ったところでホントに何ともならないので)

何でもいいからまず自分がやる。やってからモノを言う。

そういう人が増えなければ、地域猫を普及するとか、殺処分を無くすとか、ペットショップを無くすなんてことはできないとしみじみ感じています。もちろん、まずは自分から。

猫や犬を助けられるのは、私たち市民です。

本記事一番下にこの前のセミナーを映した動画を掲載しました。役所も市民も含めた「松戸市の現状」が映っています。良かったら観てみて下さい。4分ほど退屈かもしれません。でも自分で言うのもなんですが、そういう意味ではすごく興味深かったです。

言いたい事は、しょせん役人も政治家も、市民のレベルに応じたモノしか持てません。そして良くしていけるのは私達市民です。(というか構造的に市民しかいません…)「自分には何もできない」なんて思わないでほしい。

税金を払っているのも、一票を持っているのも、あなたや私です。今そこにある野良猫問題に対し、小さくても何か行動する力を持っているのもあなたや私です。

世の中を動かし変えていく力は、役人や政治家ではなく私達の方にあるんです。

中々大変な事ですが、私はまだまだ!こりずに地域猫普及企画を温めています。笑 不幸な野良猫と地域の住民トラブルが減る地域猫活動を、共に広げて参りましょう…。

(1) 松戸市でも地域猫を広めるには?セミナー質疑応答 2017年6月11日(千葉県) – YouTube

この記事が気にいったら
いいね!(=^・^=)