十二番 無量山寿経寺傳通院(文京区)端整な大寺院 まぼろしの美人観音(聖観音)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
伝通院TOP

大きくてとてもきれいな建物でした お寺敷地側からの風景

こんにちは。木村悦子です。(^^)

一日で文京区周辺の江戸三十三観音6ケ所を巡ろうプラン最終回は伝通院。さすがに一日6ケ所は過去最高です。欲張ったせいか、後で資料を見ると本当は拝めた札所本尊の「観音様」を拝んでいなかったと気づきました。(本堂は閉鎖中と思い込んでいた)

雑なお参り反省しております。。やっぱせいぜい、一日5か所がいいとこですね。(=_=)
ですので今回は、伝通院ご本尊以外の道中を中心にお届けします。

IMG_20171209_105121_R

南北線か丸ノ内線か忘れましたが、地下鉄に乗り後楽園駅で下車。

IMG_20171209_105206_R

IMG_20171209_110337_R

地上に出ると東京ドームが見える。地図を頼りにずんずん歩きます。

IMG_20171209_120329_R

道中「こんにゃくえんま」という閻魔様が祀られたお寺を通ります。昔、眼病を患ったおばあさんに自分の右目を与えた優しい閻魔様をお祀りとのこと。珍しい。

IMG_20171209_120323_R

IMG_20171209_120316_R

IMG_20171209_120617_R

ほんとに蒟蒻がお供えされてました。その心優しい「閻魔様」の好物だったそうです。。

IMG_20171209_120711_R

更に奥には「塩地蔵様」も。形というか佇まいが…怖い(って口に出してもいいですか?)

IMG_20171209_120904_R

小さいが念を感じる祠。「日本の宗教的な物」に珍しさを感じる外国人のような気持ち。

IMG_20171209_120917_R

立派な毘沙門天。

IMG_20171209_121007_R

足元に沢山の貝殻が供えられた観音様 これも珍しい。サイパンなど先の大戦で南洋で亡くなった犠牲者を追悼と読み、神妙な気持ちになる。

それにしても先の大戦と言った時WW2(World War2)のままで、WW3にはなってほしくないですね。。

怨みにより怨みが鎮まることは永遠に無いと、お釈迦様は2500年も前に言っておられるのに。(書いている2018年4月は米国のシリア爆撃報道で、きな臭い状況なので)

IMG_20171209_122042_R

早朝から行動してきましたが、そろそろ日が落ちそうな気配

IMG_20171209_122206_R

伝通院を目指して坂道を上ります。

IMG_20171209_122242_R

途中にある善光寺の説明書き。

IMG_20171209_122305_R

IMG_20171209_122317_R

IMG_20171209_122321_R

IMG_20171209_122329_R

知らない田舎に旅行に来たような錯覚

IMG_20171209_122347_R

石塀に人名が彫り付けられていた。これも珍しい。場所柄、寄進者の名前だろうか。

IMG_20171209_122351_R

IMG_20171209_122413_R

IMG_20171209_122851_R

ついに伝通院へ到着 高台にあるいかにも立派なお寺です。

IMG_20171209_122917_R

IMG_20171209_123036_R

ネギニラニンニク等においの強い食物(薫)とお酒は持込禁止の意味

でも知り合いのお坊さんが結婚して子供いるしニンニクも食べるって( ̄▽ ̄;)
新婚旅行ハワイだったって(笑)
それで出家とか言われても…(話がそれてスミマセン)

※もちろん大乗仏教です。日本っちゃ坊主はそういうもんですが、それだと実質、在家と変わりません。つまり宗教者ではなくサービス業者なので、小売り業界に葬儀料金明示とかされても仕方ないだろうと思います。(日本仏教の話は長くなるので別の機会に)

▼最初は騒がれたけど、今じゃあたりまえ

明朗お布施 仏教界に波紋|くらし&ハウス|NIKKEI STYLE

▼最後まで読むと納得「仏教は生きている人のためのもの」は大賛成

「イオンのやり方は間違っている!」″イオンの葬式″騒動に見る日本人の仏教観 – ライブドアニュース

IMG_20171209_123138_R

大きなお寺らしく、法事だろうか

IMG_20171209_123225_R

IMG_20171209_123248_R

もみじが美しい

IMG_20171209_123254_R

立派なご本堂

IMG_20171209_123902_R

一時間刻みで法事を受付けているようです 盛況

IMG_20171209_123458_R

IMG_20171209_123513_R

IMG_20171209_123525_R

来訪が年末だったので。除夜の金一回二千円にビックリ。まじか。。(さすがにお土産が付くようですが) 同行者とこれ、どうなの?とヒソヒソ話し合う。
でも、最近は除夜の鐘うるさいって言う人もいますしね。

お寺もクレーマーも既に私の想像力のナナメ上を行っております。もうどっちもどっちか。。

▼弁護士が真面目に回答とかすでにおもしろい。「公共の利益」の解釈次第

近所からの苦情で「除夜の鐘」を自粛する寺も…「伝統文化」と「人権」が衝突 – 弁護士ドットコム

IMG_20171209_124106_R

御朱印を頂いたところで一つ安心してしまい、肝心の札所の観音様にお参りしそこないました。(本堂は扉が閉まっているが自由に入れるそうです)我ながらなぜ?と思いますがこの頃はかなりへばっていて、正直な所、御朱印戴いてやっと終わった~みたいな感じでした。

▼調べると、伝通院の観音像はすごくきれいなスラーとしたお姿でした。

伝通院 観音様

出典傳通院・伝通院

伝通院の聖観音像(伝通院Webサイトより)

いつ頃の作なのか、垢抜けて現代的な感じすら受ける。

本堂はいつでも自由に参拝可能とのこと。返す返すも残念
申し訳ございません。近くに行ったら再訪します。。

IMG_20171209_124059_R

IMG_20171209_124248_R

こんな調子で、どうにか文京区の江戸三十三観音一日6ケ所訪問を終えました。お話したように、ちゃんと納経もして、佛様も拝んでとなると5か所が限界かもしれません。

観音参りで観音様にお会いし忘れて帰る=すでに自分の体力を超えていたということです…みっともないことですが、悪いお参りの見本として参考にして下さい

傳通院は徳川家康の母(於大の方)の菩提寺に始まり、徳川ゆかりの女性達が眠るそうで。そのせいかお寺自体は大きくも端正で観音像もきれいです。改めてゆっくり伺いたいです。

お参りも終盤ですが、勉強になった一日でした。

次のお寺へつづく

江戸三十三観音 今回のお寺詳細

札番/寺院名称/宗派/観音さま

十二番 無量山寿経寺 傳通院 浄土宗 無量聖観世音菩薩

アクセス

東京メトロ 丸ノ内線 後楽園駅より 徒歩10分
東京メトロ 南北線 後楽園駅より 徒歩10分
都営地下鉄 三田線 春日駅より 徒歩10分
都バス(錦糸町~大塚) 傳通院前より 徒歩1分
首都高速西神田出口 飯田橋安藤坂前

ご詠歌

ありがたや まことの道を ふむ人は 慈悲の阿弥陀が 救うとうとさ

公式サイト

傳通院・伝通院

十二番 無量山寿経寺傳通院(文京区)端整な大寺院 まぼろしの美人観音(聖観音)
この記事をお届けした木村悦子の新ブログ2017-の更新情報をいいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする