オシャレなカフェあります♪チェンマイで朝食を…森林僧院・タモ寺来訪記 2016年11月

chaingmai breakfast in cafe

ワット・ダモ(ダモ寺)の落合先生(落合比丘、左)と林比丘。タイの暑い気候に相応しい簡素な袈裟。日本とは色々まるで違うんですが、原始的な僧侶のスタイルはこちら。

こんにちは。木村悦子です。(^-^)

「木村悦子のブログ」はアメブロからhttp://kimura-etsuko.comへ移行しました。(アメブロ過去記事はそのまま残し、更新はこちらで行っていきます)今後ともよろしくお願いします。

▼前回のつづきです。

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 1羽田-バンコク往復3万円空の旅 心踊る出発

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 2地獄の北京空港 Hell of a time at Beijing Airport

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 3いつ行ってもゆるい。微笑の国 (バンコク→チェンマイ)

IMG_2885_R

一夜明け、ひと晩滞在したホテルをいったんチェックアウト。

私の場合、チェンマイ到着2日目はお寺近くのホテルに宿泊。

3日目には、またこのホテルへ戻る予定になっていました。

IMG_2886_R

タイの街どこでも見かけるこれは、ピーという精霊信仰の祠だそう。

日本の神仏習合のようなものか。

IMG_2887_R

朝、盛り場の通りに出ると山が見えた。

日本の茨城・福島とかそういう感じ。(筆者は千葉県在住のため、山が見える=その2県がパッと思い浮かぶ)

IMG_2888_R

こんな田舎で深夜あんなに大騒ぎしていたのか!と驚いた。

IMG_2890_R

朝のセブンイレブン。

IMG_2894_R

体重計。店先にあるのが何となく昭和っぽい。

IMG_2895_R

朝の光の中で見るお寺。昨日の暗さが信じられないほど輝いていた。

IMG_2896_R

IMG_2897_R

絵葉書みたいにうまく構図に入ってくれた

IMG_2899_R

明るい朝の光を受け輝く寺院。

IMG_2900_R

バイクレンタルショップ。

チェンマイ市街はこれを借りて散策すると丁度いい規模なのだろう。

市内には寺院が山ほど(100以上とも)あることで有名…

IMG_2908_R

カートを引いていたので、とにかくトゥクトゥクに声をかけられる。

見るからに旅行者(=target user)で、女という事もあり。

カモがネギと共に歩いているようなものか。

100723comono_title

このシリーズ好き

http://www.cstr.jp/article/img/news/cs/100723comono_title.gif

IMG_2909_R

気にせず歩く歩く。タイのマクドナルド。

IMG_2910_R

ワイ(合掌)

IMG_2911_R

IMG_2912_R

待ち合わせはチェンマイ・プラザホテル。

すぐ見つかったがまだ早かったので、朝食を探す事に。

ここは近くのアナンタラ・スパ。施設の一部が売りに出ているようだった。

チェンマイ | アナンタラ・チェンマイ・リゾート&スパ

IMG_2913_R

天気がいい。というか夏の日差し。

IMG_2914_R

11月。乾季なので一番過ごしやすい頃と言うが、本当に常夏の国。

IMG_2916_R

IMG_2918_R

IMG_2923_R

スパはあちこちにある。観光やサービスでもっている国と改めて思う。

IMG_2924_R

IMG_2926_R

雑貨屋。地元民向けの感じ。

IMG_2928_R

外見は餡パンだけど、味はどうなのかな。

IMG_2930_R

タイまで来て洋食を食べる気もしなかったが、入りやすい店があまり無く(屋台は衛生面でちと怯むし、食堂は英語が通じない)結局観光客相手な感じのカフェ。

IMG_2931_R

お店を切り盛りしているのは女性ばかり。

IMG_2941_R

可愛い鳥のオブジェ。

IMG_2934_R

店内。いかにも女子向けかな

IMG_2935_R

提供はThai Food & English Breakfastみたいなメニュー、客層は欧米人ばかりという店。

彼らはAsian Foodを受け付けないのか、どこでもパンにバターとジャム、ソーセージにオレンジジュースなんて朝食をとっている。

折角旅行に来たのに勿体ないと私は思うが、彼らはそれでいいみたい。

IMG_2936_R

洋泰折衷カフェの雰囲気・妙に気に入る。

自分が家を建てる時、こんな感じの空間にしたいとか思う。(決め過ぎてない感じ、居心地良い)

IMG_2937_R

奥の席、注目。

IMG_2938_R

犬(笑)

日本だとあまり飲食店に登場できない存在と思うが、そこもゆるくていい。

お利口で客の食べ物に見向きもしていない。(客も気にしてない)

IMG_2944_R

ガパオセット。これで50B(=150円)

安い。おいしい。

IMG_2948_R

タイでもおばさんが犬をかわいがっている風情はある。

(野良ちゃんが多いので、この家の子かどうか、不妊去勢なんかを日本の感覚でちゃんとしてあげているのかは不明)

IMG_2950_R

ハトに似た鳥。(てかハト?)

どこにも生物がいて心和む。

IMG_2952_R

IMG_2953_R

IMG_2955_R のコピー

ホテルで皆と合流、レンタカーで山奥の森林僧院へ。目的のお寺(ワット・ダモ)はチェンマイから車で2時間の場所にあるのだ。お昼を買うため車を出たところ。

今回のメンバーは主にカルチャーセンターの仏教瞑想講座受講生で構成されている。私も動物保護の活動を始め忙しくなるまで6年続けていました。思えば不思議な縁。

その中から何とついにタイで出家するお坊さん(奥田さん)が出た!このツアーはその得度式へお祝いを兼ねた出席です。

IMG_2956_R

いかすベンチ

IMG_2963_R

お寺までの道はずっとこんな感じ。近くに何か名所があるわけでなく。

へんぴというか、つてが無いとまず行く事が難しいなあと思うような場所です。

IMG_2964_R

IMG_2965_R

チェンマイ市街から車で2時間。白亜のお城。ではなく、タモ寺に到着!

日本人の感覚でこの建物をお寺と即答出来る人は中々いないような…。

お寺です。

IMG_2966_R

IMG_2968_R-のコピー

お寺には多くの在家信者の方々が出入りし、お坊さんの面倒を見ている。お食事も作ってくださるし、車も手配してくれる。(チャーター料はかかります)

この時はバナナを用意して下さっていた。

振り返ると本当に色々お世話になっています。

IMG_2970_R

右はお食事の用意、写真撮影と目まぐるしく働いていたタイ女性。日本語も少しできた。左は奥田さん。まだこの時は得度式前で「沙弥(しゃみ)」という状態だった。

得度すると正式に「比丘」になる。日本と違い200以上の戒律…性行為しないとか、全て守る存在になる。守れなくなったら還俗。普通の日本人はその厳格ぶりに驚くであろう。

坊さんなら子供ができました 毎日のビールが楽しみです はあり得ない

この「お酒を飲むのは基本的にあまりいいことじゃない」っていう感覚が、日本と大きな違いのような。神事でお神酒を納めたり、いいことがあると升酒をふるまったりしますしね。

いいことじゃないんです。(少なくとも古い仏教の国では)

IMG_2975_R

バナナがとても美味しかった。普段バナナを食べない私までつられて食べました(笑)

甘くフレッシュ。南国のせいか、フルーツはことごとく美味でした。

(スーパーで売ってるジュースまで)

IMG_2978_R

すごい色の飲み物幽霊

ハーブをどうにかしたものらしかった。味は、タイらしく劇甘。(笑)

もう少し甘さを抑えてもらえたら、もっと香りが解ったと思いますが…

IMG_2980

今後のスケジュールをテキパキとお話下さる落合先生(左)。

事前に色々コースを考えて下さっていたようで、これから近くの洞窟寺院へ行きましょうとおっしゃる。

林さんと奥田さんは「雨安居(うあんご)」で、雨季のためほとんどこのお寺の敷地から数か月出ていなかったので、そのリフレッシュも兼ねてという。

その間何していたのといえば、要するに托鉢と瞑想をしていたらしい。

ここのお坊さんはそんな生活を送っているようだ。

IMG_2988_R

お寺に泊まるグループもいたため、女性用宿舎の案内。

私は迷わずホテルにしました。(笑) ちょっとまだ、修行という気持ちではなかったので。

※寺に泊まれるのは基本的に修行の意志ある在家仏教徒だけです。

寺で過ごす間は修行中のため、上下とも持参した白い服に身を包みます。

旅行者が気軽に誰でも泊めてもらえるような場所ではありません。

一応、誤解無きよう明記しておきます。

IMG_2992_R

タイ版「見ざる、言わざる、聞かざる」

IMG_2993_R

お寺(本堂)を見せていただいた。

IMG_2994_R

IMG_2995_R

白ベースでとても明るい。清潔な空間。

IMG_2998_R

IMG_3000_R

翡翠を模したか、本当に翡翠かのエメラルド佛。

IMG_2999_R

IMG_3004_R

藤川和尚(故人。恩師。上座仏教僧侶)に頂いた仏像を思い出す。懐かしい。

タイの伝統的な形なのだろう。お会いしてから10年経ってしまった…。

9_1_55藤川さん

在りし日の藤川和尚。

お前、だいぶ仏教好きになっとるやんけ(と言われそう)

IMG_3006_R

IMG_3005_R

IMG_3007_R

IMG_3008_R

IMG_3011_R

清浄な仏教空間に心休まる。

お寺が暗くないところも、たいへん気に入った。

IMG_3014_R

可愛いタイ風狛犬(?)

IMG_3019_R

IMG_3020_R

IMG_2984

本堂を拝見後、洞窟寺院へ向かう。車に分乗する事になった。

IMG_2985

奥田さんと久しぶりに会ったが、もう女は気をつけて接しないといけないようで、車の隣にも座れませんでした。(´Д`)

2ショットで写真撮ったりもいけないらしい。

どの辺までかはよく解らないが、とにかくその位異性に潔癖に存在するのがタイのお坊さん。

それが皆分かっているから、これだけ民衆の尊敬を集めているのだ。(僧侶の姦通は、今でも新聞沙汰になる程いけないことだそうです)

「子孫を残す」可能性を積極的に断ち切っていく。

明らかに生物としては特殊な生き方です。

5につづく

▼前回までの記事はこちらです

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 1羽田-バンコク往復3万円空の旅 心踊る出発

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 2地獄の北京空港 Hell of a time at Beijing Airport

2016年11月 喪中のタイに行ったっタイ 3いつ行ってもゆるい。微笑の国 (バンコク→チェンマイ)

▼2013~2016までの記事はこちらです

木村悦子のブログ

この記事が気にいったら
いいね!(=^・^=)

コメント

  1. しのはら より:

    こんな感じの旅行だったのですね!写真、説明と共に拝見するとさらに楽しいです。
    アップしてくださってありがとうございます。
    ランドリーにいた猫、可愛いですねー(*^^*)

    • kimura etsuko より:

      しのはらさん
      気づくの遅くなりすみません(・。・;
      そう言えばしのはらさんはいらっしゃらなかったでしたね?
      こんな感じでした。w いろいろ日本とは違いましたね。
      ありがとうございます。猫ってかわいいですよね( ´艸`)